FC2ブログ

我が家の息子の合格発表

我が家の受験の季節が過ぎ去り。
発表の季節が到来しました。


今日。
私は息子と二人、発表を見に行ったのでした。


普段はダラダラしてる私ですが、こんな日だけは妙にせっかちでして。
発表の50分前に現地到着!
車で行った私ら二人は、30分以上車で待機したのです。
あ。
ちなみに、夫はお仕事。
今日の我が家御一行様は、母息子の2名っす!


発表を待つ車の中で。
母と中3息子は何を話していたのか?

息子:
「ねえ、あのさあ、ニュートンってなんで、リンゴの落下を見ただけで、軌道の法則に気づけたの?」

母:
「えー?
引力の法則じゃないの?」

息子
「ん~~~、それはそうなんだけど、そこからさらにさ~~云々云々」


え?
・・・・・そうなの?
知らんわーーー💦


かと思えば。


息子:
「ほかの家のお母さんも、子供の友達の好き嫌いって口に出すもの?」

とゆう、厳しいご指摘


あらやだ
私が息子の友達の○○君が苦手だわーーってな事実が伝わりまくっていたんか?
こりゃあ、失敬💦


母:
「いやあ~~。
好き嫌いはあまり言わないかもねエ💦?
好きは、言うかもだけどねエ💦」

毒舌母は、しどろもどろに反省した次第です。


そんなこんなで
発表の時刻が近づき。


校門の前では、様々な塾がチラシやティッシュや付箋などを配り。
完全無視する子もいる中で。
わが子はすべて受け取り。
相手がもたもたしてると、目の前に立ち止まってでも受け取っていた~~。

息子:
「こういうの受け取らない人って、お金持ちだよね?
だって、得じゃんんね?」


そう言って、両手いっぱいにいろいろ受け取りながら、息子は校門をくぐり。
しばらく待ったのちに、いよいよ合格掲示発表!!


合格者の受験番号書いた板を男性の先生方が運んできて。
設置場所に設置し。
やがて白い覆いが取り払われ・・・・・。


そして。
息子と私は、合格を知ったのでした。
本当にほっとしました。
今回の合格は、涙は出なくて、笑顔笑顔でした!


この子の努力は、私も知ってるものの・・・。
ドジで変人でおしゃべりで風変わりな三男。
一途で努力家だけど、驚くほどの世間知らず。
そんな三男なので。
努力が形になるのかどうか、不安でした~~~。


本当に良かった!!


けれども!
私の非常に仲良くしてる方の息子さんが、志望校を落ちてしまった・・・今日。
切ないなあ。


複雑ね。
受験って、切ないよね。

息子のことでは嬉しいものの。
今、泣いて泣いて立ち直れないほど泣いてる母子がいることを思うと、切ない。
それが受験というものだけど。



にほんブログ村 その他日記ブログ 50代女性日記へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



運命と感動と動揺の春。

B'zの
  B'zの
    B'zのライブジムに、
行けることになりました♪
来夏に。
本当に本当にうれしいことだよね。


松本さんが元気で
稲葉さんが元気で
二人に「ライブジムやるぞ」という意欲がある。

松本さんには作曲とギター演奏の能力と意欲があって。
稲葉さんには作詞と歌うことの能力と意欲があって。


そうして二人だけじゃなく多くの人のエネルギーや時間の集大成のように。
歌が作られ。
録音され。
コンサートの企画が練られ。
準備が進められる。


これって。
奇跡のような喜びの連続。
まさにそう。
何かが一個欠けても、形にならないこと。



そう思うとさ。
今のすべてがそんな気がする。
B'zだけじゃない。
この世のすべてがさ。
ほんの小さな決断の結果だし。
ほんの小さな出来事の積み重ねの上にある。


今。
今、こうして、長男が大学院で学ぶこと。
今、こうして、次男が美術を学んでいること。
三男が、受験に向かって進んでいること。
末っ子が、バスケを頑張って感動もらってること。

すべてのことが、不思議なことだよね。



あの日あの喧嘩で夫と別れていたら・・・・。
今の私の日常は一個もなかった。

あの日あの試験に受かっていたら・・・・・。
夫と出会ってなかった。
そんな試験もある。


あの日、次男と二人、見知らぬ美大予備校のドアを開けなかったら・・・・・。
次男は今何をしていたでしょう。
奇跡のような出会いを運んでくれた、たった一つのドア。


あの日、「バスケ行きたくない」という末っ子の声に従って、バスケを辞めさせてたら。
今頃彼は、肥満小学生だったかも。
無理やり強引に引っ張ッて行った日もある。
そして開花する。




等々。



私がこんな風に妙に
運命
何かをしみじみ感じるのは。


動揺してるとき


何の動揺か?
そう。
まもなく。
まもなく三男の受験。
受験生母は、動揺の塊です。
皆様も同様ですか?
どうなのよう?
どうよう?
なんちって。


いやあ~。
何度経験しても。
息子の受験はキッツいなあ


三男は頑張ってます。
今回三男が受けるのは、長男の卒業した高校です。
私が心から感謝してる、その高校を。
三男も、受けたいという。
大丈夫だろうか?
と不安でいっぱいな母だけど。

ものっすごく頑張ってるんだよね、息子。
というか。
正直、ものすごく楽しそうですよ、驚くべきことに。

毎日。
塾から帰ってくると、
「あのさー、○○って、○○なんだって~~」
等、習ってきたことを教えてくれる。
反抗期、終了。

で。
入浴は基本、大熱唱である。
主には、RADWIMPS。


でもでもでも。
こんな絵を見つけた。
心の不安の象徴・・・?

DSC_2266_(1)_convert_20190301104039.jpg


俺悟空?
  誰か答えて・・・・


・・・・・・・・・・・
違うよ?

相変わらず、不思議宇宙人変男、三男であるよ!



その隣には、こんなデコポン。
これは末っ子の仕業。


DSC_2265_(1)_convert_20190301104118.jpg



幼稚園年少さんの末っ子・・・・。
ではないのです!
卒業を控えた小6息子。
4月からは中学生の、癒しキャラ。
・・・・・っつーか、アホちゃん?



さてさて。
来週を、私は、無事に乗り切れるのだろうか?
受験だけじゃなく、ほんとにいろいろある、来週は。
自信がないけど、乗り切るしかない。


皆様も、この花粉あふれる世界を、無事に乗り切ってくださいな♡


にほんブログ村 その他日記ブログ 50代女性日記へ
にほんブログ村

息子の受験:現代風受験のドキドキ。

わ~~~~い\(^o^)/

とりあえず、我が家の宇宙人三男ぽん。
第2志望的私立高校の、合格通知をいただきました。
ヨカッタ~~~
一安心です。
高校生になれる!!
嬉しゅうございます。


息子の受験は何度も経験してきた私ですが・・・。
今回の子の息子の受験に関しては。
初体験もありました!


それは・・・・。
ネット出願・・・・・。
ネットで出願したんですよーーー。
願書の顔写真もさ。
スマホで撮って、それを、ネット内で願書に貼り付けて。


まあここだけの話。
我が家を見回した結果、トイレの壁が一番白くて余計なものもないしで。
選ばれまして。
上半身制服、下半身パジャマの息子をトイレ内で撮影した写真を。
まあなんとかトリミングなどしまして、願書に貼り付けて出願したのでございます。


そんで、自分の家のプリンターで、受験票も印刷するん。


・・・・・不安しかない


しかも
後から気づいたけどさ。
我が家は、すっげー安い用紙をプリンターで使用してるので。
・・・・・なんか、受験票が、安い紙。
薄くて、黄ばんでる系の・・・・
・・・・・・・切ない・・・・・


もっちろん。
家にネット環境のない人や、パソコンやプリンターの調子の悪い人。
パソコンンの苦手な親子には、また、どうすればいいかの方法もある。
→受験したい高校に出向けば、パソコン・プリンター完備の出願部屋がある。
そして、手取り足取り教えてくださる。


安心だが。
めんどくさい。


で、私は結局。
不安と激安用紙を抱えたまま。
自宅から出願、プリントしましたよ。

これは初めてで本当に緊張したん。
大丈夫なの?
中学の先生介在しなくて、良いん?
え?
ほんとに、勝手に出願して、良いん?
ねえだれか、確認して介在して、良いと言って~~~!!
と、心では叫びながら、自宅でポチッと出願・・・・・・。


コワヒ。
本当にうちの子、受験できるんだろうか?
と、微妙なる不安。
でもちゃんと、手続き完了の確認メールは、来ます。


そして。
合格発表ももちろん、ネット発表。

これは、長男のころからそうでした。


受験の日に。
やり方を聞いてきます。
ログインするパスワード等教えてもらう。
他の人の合否はわからない。
自分の受験番号やパスワードを入れて、自分の合否のみを確認することになる。



そして。
これは初めてでしたが。
入学金の納入。
これも、クレジットカード決済で。
夫婦で深夜に、汚いお部屋でパソコンにらんで、ポチッと入学金納入・・・・・・。


・・・・・・コワヒ


ぎ・・・・・。
銀行で振り込みたい!
窓口のお姉さんと、責任を共有したい!
「振り込みました」と、言ってほしい!!


もちろん。
クレジットカードを所持しない家庭など、事情もいろいろありますから。
入学金の納め方も、ほかの方法も選べます。
選べますよ~~~!
振り込みも選べますんです。

が、なぜでしょう。
やはり手軽な方法で納めてしまいました。
なんだかんだ言って。
孤独であっても、ラクな道を選ぶ、そんな奴。


と。
このように。

現代社会のに入試手続きは。
とっても楽でした。
楽だけれども、寂しくツライ、孤独なものでありました。


やっぱさー。
『願書は中学校の先生。
お金の振り込みは銀行の窓口。』
等のように、知らず知らず、いろんな方に介在して成り立っていた従来の受験というのは。
手間はかかるかもしれないが、安心感、共有感は、格別であった。

私のように。
ドジで、うっかりものの人間は。
やはり、昭和がよく似合う。


今から。
第一志望の県立高校を受験しますが。

こちらは、紙に書く願書。
中学校先生に提出して確認してもらえる。
合格発表も、校舎に掲示である。
この昭和の良さを残した、安心感あふれる入試形態を、平成の次の時代にも残していただきたいものだと。
なんだかしみじみ、私は思いました。


とはいうものの。
この、第2志望の高校も、私自身は非常に気に入っており。
もしも本命がダメだった場合には。
傷ついた彼を優しく受け入れていただきたいと。
まあ、そのように願うわけです。


あ、ちなみに。
すべての私立がネット出願なわけではないです!
紙に書いての出願のところもあります!
いろいろっすね。



にほんブログ村 その他日記ブログ 50代女性日記へ
にほんブログ村

受験とB'zと老母な一日。

おはようさんです!


昨日。
昨日は、大事なポイントが3つもある、スペシャルな日でした。

ポイント1
B'zの2019ライブの申し込み、やっと完了(涙)!!

ポイント2
老母の病院引率

ポイント3
三男の受験


では
ポイント3 から語りたいと思います。←ブログがまた長くなる予感



ええ。
そうなんです。
我が家のよくしゃべる独特な宇宙人中学生である三男。

彼の、高校受験(1)が終わりました。
ちなみに、受験(3)まであるよ。
本命は、(3)である。

しかし、生まれて初めての受験が昨日だったので、私もドキドキしてたんですわーーー。


朝は。
悩んだ結果、私が車で高校まで送りました。
お仕事はお休みでして。

そんだらして。
月曜の朝だワ、工事中あるワ、どこもかしこも入試だワで。
混む混む混む!
めっちゃ渋滞しましたーーー!
早めに出たものの、焦った。焦りました。


んでも。
何とか間に合って、高校の近所で降ろしましたらば。
三男ったら、ダウンジャケットを着ていない!
制服のブレザーのまんまなんよ。

脱いだまま車内に忘れたのかと思った私は、窓を開けて大きな声で、
「ちょっとおーーーッ!
なんでジャンバー置いてくのーーッ?
帰りは寒いんだよーーッ!!
着ていきなさーーーいッ!」
と叫びましたのよ。
帰りは彼は、電車を乗り継いで帰宅する予定でしたしね?

そしたら、
「カバンに入れた」
とおっしゃる。
だいぶ小さな声で。

あ、そ。

とまあ。
このようにして。
ダウンジャケットでパンパンに膨らんだカバンと、それゆえカバンに入らなくなった弁当と、レジ袋に入れた汚い上靴をもって。
私の息子は、試験会場へと消えていったのでした。。。。。


前回の記事に書いたように。
ストイックタイプの宇宙人息子なので。
今まで私も随分切なく心配してきましたが。
当日ともなると、緊張感も吹っ飛ぶものですね。
いろいろ、バタバタとしながら、明るい感じで過ぎてゆきました。



帰宅後、
「どうだったーー!?」
と、愚かなる私がグイグイ聞きましたら。
彼は、このように答えました。

☆「落ちないといい。」
そりゃそーーだ!
そのと--りだ!


☆「○○のお母さんが、試験監督だった♡!」
おおおお。
素敵。
小学校時代のお友達のお母さんが、そこの高校の先生なんですが。
なんか、ラッキー!
緊張感が少しほぐれるよね、知った顔見るとね☆


☆「なんかさーーー。
試験の世界に入り込みすぎちゃって、気づいたら、試験中に独り言、言ってた~~」

えーーー!?
マジーーーッ!?
そ、それは恥ずかしいし、迷惑な💦


息子さ~~。
なんて独り言言ったと思います?

数学の時間にね、予想通りの公式を使った、予想通りの問題が出たらしいのよ?
その時に思わず、
「こういうのって、ありがたいんだよな。」
って呟いたらしいのです。

うっわ
なんだそれ?


「そんな独り言言っておいて落ちたら、恥ずかしいね!」
と言ったら、
「そうだね!」
と。

こんな感じで。
三男の、生まれて初めての入試の日が、過ぎていったのでした・・・。




さて。
昨日という日の、もう一つのポイント。
B'z。

ライブの申し込みを、しましたーー!!

とはいっても。
ファンクラブでのチケット申し込み受付が始まったのが、2月1日だったの。
どうして、私は、申し込むまでに、4日もの時間がかかったのか??
なぜ即日申し込まなかったのか?


ええ。
そうなんですよ~~。
パスワード忘れ(泣)。

ファンクラブのチケット申し込みの、パスワード忘れによります

私の人生にありがち~~~
ありがち~~~。何度これで苦しんできたでしょう。

先日も、パスワードを入れなきゃならん場面で、立ち止まり。。。。。(泣)
そこから、模索捜索探索。
昨日めでたく、パスワードのメモを見つけ。
無事に申し込みしましたんです


ああ。
こんな私ですが。
今年もライブジムに、行けますように!!


んで。
ポイントの3つ目。
老母病院。

長い長い待ち時間の間に老母から聞いた話。
それは。
孫の夫婦不和。

若い若い孫夫婦の不和について語る老母は。
孫がかわいそうすぎて、涙ぐんでいましたが。
女のサガでしょうか。
こういう話題を語るとき。
女というものは、ずいぶんと生き生きするものですね。


80歳の老母であろうとも、

「ねえちょっとっちょっと、聞いてくれる?
あ、あんまり人には言わないでね?
なんかね、○○ちゃんがね、(涙)~~(ヒソヒソ)」

というようなワクワクな雰囲気を醸し出しつつ。
孫の幸せを祈って涙ぐみつつ。
「こうなると思ってたわよ」的な知ったかぶりをしつつ。
「結婚とは~」の自説を披露しつつ。

そんな話題で、病院の長い待ち時間も、あっという間だった気もします。
私の予想では。
この若い夫婦は、なんだかんだ言って、別れないと思います。
時折こうして、暇な祖母に、興奮する話題を提供してくれながら。
なんだかんだ、楽しく暮らしてゆくでしょう。



こうしてみてくると。
受験も結婚も、そしてB'zも。
なんか共通点ある。

どれもこれも。
真剣勝負だけど、まあ、何とかなる。
落ちようが、不和だろうが、パスワード忘れようが。
どうにかなるし、楽しんだもん勝ち。

すべては、人生を彩る、素敵なお祭りみたいなもんですな~~~。



にほんブログ村 その他日記ブログ 50代女性日記へ
にほんブログ村

受験生母の、憂い。

いよいよ
来週から、三男の受験が始まります!!

私立高校受験が2回。
県立高校1回。
それが、三男の受験日程であるよ。


私地方は、首都圏でもないゆえ。
もちろん、本命は県立高校だ。


今年度は
私は随分とブログをお休みしてしまい。
三男の受験の様子を記録してこなかったことが、今になって悔やまれるわ~~。
別に日記をつけてるとか、エッセイ書いてるとか、そういうことはないもので。

ブログを書かないこと
イコール、文章を書かないこと
イコール、何の記録も残さないこと
になってしまう。

写真は時々撮るけどもね。
でも、写真だけでは、まったく、不足であるのに。

あああ。
どうしてあんなに書かなかったのかしら私。
と。
後悔を公開してみた。←精一杯のダジャレ♡


とにかく。
本当に、季節というものはあっという間に流れるもので。

部活を頑張ってた三男。
最後の試合を終えた三男。
受験モードに切り替えた三男。
どれもこれも、懐かしいながらも、もう、霞の中へとぼやけてゆく。


昨日今日の、受験直前の三男の姿もまた、あっという間にぼやけてゆくんだろうと思うと。
切ない。非常に切ない。


受験って。
本当に、母は意外と孤独ですよね?
少なくとも、私は孤独です。

他の母友と分かち合うことが、難しい。
夫とも温度差は、ある。


私の周りの母たちのほとんどは、
『息子が勉強しない』
『うちもーー!!』
『息子が受験前なのにスマホいじってばかり』
『やだ、うちもーー!!』
等々。
そんな感じでため息交じりに盛り上がる。

私も「うちもー!」と話を合わせればラクなのかもしれないが、なんか、それは息子に対して失礼な気がしてきてしまう。。。のです。


あ。
次男の時はよかったんよ!
心の底から、「うちもヤバイ!!!」と、思っていたのだから。。。
そして必死に焦ってた!


三男は。
頑張るのです。
私は52年生きてきて、こんなに頑張ったことはない、と、息子を見ていて思うくらいです。

そして。
それがまた、嬉しいよりも、心配の種になる。

こんなに頑張ってるのにもしもダメだったら、この子は立ち直れるのか?
こんなに頑張ってるのからこそ、当日、腹痛や不眠などの不調に襲われるのではないか?
こんなに。。。。。

と、もう、切ない予感、切ない心配が消えない。


息子は。
夕べは初めて。
「出願直前に、無理だと思ったら、○○高校に変える」
と、急に、志望校変更の可能性を口にした。


次男の時だったら、こんな時、言い争いになったものだなあと、思い出す。
「努力をせずに安易な方に流れるのか?」
と、問い詰めたものである。


でも
今はできない。
ギリギリの努力を目の前に見てるので。
その結果の結論なのであれば、応援するしかない、、、という心境。


なんかね。
私、
「勉強しない受験生の親」
と、
「勉強しすぎる受験生の親」
の両方を経験してきました。

「勉強しない受験生の親」
の立場は、思えば楽でした。
それが、両方経験しての、実感だわ~~~。


叱ったり、嘆いたり、褒めたり励ましたり。。。。
あの手この手でこっちも必死。
なんかもう、「母親らしさ」の発揮しがいがある。
そして、万が一落ちても「あの子の勉強不足」という、大義名分もある。

一方。
頑張り屋さんの子の親業は、なかなかにツライ。
というのが実感。
もう本当に切ない。

「食べさせる」「寝せる」あたりが主な役割になるんだけど。
それ、受験生じゃなくてもやってるしね。
別に普通にね。

私はもう、本当にうろうろ。
それだけですね。


ところで。
受験勉強を通して。
それまで「文系」一筋だった三男が。
「理系」へと、大きく方向転換しましたよ。
「科学は世界を救う」ということに気づいた、と言ってます。

この変化は。
主に、大学受験のまでに大事に育てていく種になるのだろうけれども。
夢に近づくためにも、この3月に、一歩前進できるよう。
ひたすら祈るだけの、日々です。

にほんブログ村 その他日記ブログ 50代女性日記へ
にほんブログ村


中3の冬。勉学の冬。

今日は、
「中3三男のこのごろ」
を、書き留めてみたいと思いま~す。


中3。
中3って、なんだか特別な季節ですなあ~~。
私自身、中3の頃を思うと、もう本当に胸がキュウ~~ッとなる。
恋をしてて。
なんか寂しくて。
いつも何もかもがうまくいかなくて。
友達といても孤独で。
不安だったよなあ。

でもなんだか今思えばいつもそばで誰かが助けてくれてた。
それに気づかずに寂しがってた15歳でしたん。
本人は無自覚だったけど、やはり受験のストレスとかで、視野が狭くなってたんかなあ~~。


わが子たちは、といえば。
我が家は、小学校も中学校も全く同じ学区。
なので、息子らの学校は、9年間、同じメンバーなんですよ~~。
※あ、もちろん、受験や転校などでの出入りはあります。←あたりまえ

そんなわけで、中学卒業が、彼らにとっては初めての
「ザ・別れ」
となる。
受験と別れとで、不安だらけの日々なことでしょう。
全国のほとんどの15歳が、そうでしょうか。


そんな。
お別れの季節を控えた、受験生。
であるところの、我が家の三男。


この冬の彼の勉強ぶりが、半端なかった!!!
朝から夕方まで冬期講習。
勉強・勉強・勉強。

講習はいつもと違う、その塾の「中央校」みたいな教室で行われる。
私は可能な限り送迎をする。

夕方5時ころに迎えに行くと、車内でなんだかんだ食べながら移動。
自宅近所のいつもの教室の自習室へ。
そのまま夜9:00まで自習して帰ってきてまたご飯。。。。。&またひと勉強。

な毎日を、彼は、過ごしておりましたん。


もうさー。
めっちゃ勉強するのーーー
とってもするのよーーーー
びっくりするわ。


そんな塾塾塾!!の彼が。
今日は塾が完全閉鎖の休みの日なので、家にいましたん。
私も午前のみ家にいたん。

そしたらばさ。
すっげー質問魔!!
この子昔っからわりと質問魔。
不安でいっぱいの15の冬にも、質問魔



本日の彼の私への質問。

私の答え。
を、抜粋してご紹介します。



①ねえあのさ、酸素っって水に溶けたら、アルカリ性なの? 

母:知らん。


②ねえあのさ、分割相続っって何?

母:死んだあと、財産を子供たちに分けることじゃないの?
例えばよ?
例えば、ママもお父も今死んだら、家は長男に、お金は次男に、三男にはミカン、末っ子には唐揚げ。
みたいに、財産を分割して与えることじゃないの?

子:「ミカンて、、、「」


③ねえあのさ、平安時代の藤原氏って娘を天皇と結婚させてたの?

母:だよね。
そうやって権力、強めていったんだよね。

子:「せこッ!
かなりせこいね。」


④ねえあのさ、防人って、無駄骨?

母:え?なんで?

だって、必死に守ってたけど、結局攻めてこなかったんでしょ?
かなりむなしいね。
かわいそ(笑)

母:でも本当に?

子:「ほんと、むなしいよね。」


⑤ねえあのさ、「ました。」の「た」って、助動詞なの?なんで?

母:助動詞でしょ?
なんでか知らないけど。

「助動詞には助動詞がくっつくの?」

母:いや、そういう決まりはないけども?



⑥ねえあのさ、fishって、不可算名詞?

母:ふかさんめいし・・・って何?

「え?でも、不可算名詞らしいよ。」

母:聞いたことないな、ふかさんめいし?


、、、不可算名詞、、、?
母、ネットで調べる。。。おお、なるほど~~



⑦ねえあのさ、ロシアってね、ロシアだけがロシアじゃないんだよ?

母:ん?  はい?



というような、エンドレス質問おとこ。
そしてけっこうな、世間知らずな純粋男でもある。

 


いやはや
この子の。
1か月後の私立受験。
2か月後の公立受験。
非常に心配でおろおろしてしまう。今日この頃です~~~~。



にほんブログ村

中3息子の受験のスタート

さて。
何の話からしようか・・・・・。


不思議なもので。
文章というのは、書かないでいると、書けなくなるものであるのだよなああ。
なぜでしょう。


おそらく。
これは筋肉の問題なのでしょう。
文章を書くには筋肉が必要で。
それは日々鍛えてないと、ソッコー衰えるものである。
練習を一日休むと3日後戻りすると、よく言うではないか?

ブログも同じと思うのよ。
書かないでいる間に、たくさん話題もたまって、色々書きたいことだらけか?
というと、そんなことはない。



へ?
話題・・・・・?
へ・・・・・?
なーーーんかあったかしらん???
毎日毎日同じ日々よ~~~
書くことなんかないわーーーーー


てな気持ちになってしまうん。
不思議ねえ。


そう。
無。
無になるのであるのさ。



そんな。


のような日々の中から、見つけ出す話題。
宝物を荒野から掘り出すような作業よ~~~
掘り出され話題は・・・・・、三男っす~~。

ええ。
今日は、中3三男の記録を少々書き留めておこうと思いますん。


先日。
6月の前半に、順調に部活動から引退した三男は。
その後、非常に多大なる熱意をもって、勉強へと気持ちをシフトしました。
びっくりするほど!!


実は、中1の頃。
成績的には、「中の上」的な位置を占めていた三男が。

中2の一年間は、母親であるところの私激烈多忙だったんですけども。
その影響でしょうか。
中2、非常に成績を落としてきたん。

ヤバい!!!

と、誰もが叫びたくなるほどの、成績下落でした。
「中の下」
または、
「下の上」
くらいな感じでしょうか。

私が、
「やっぱり絶対に、仕事は辞めよう」
と決意するに至る、大きな要因になったのでしたん。


んでその後。
中2から中3になる春休みに、近所の塾に入学した三男は。
4月5月とまあまあ真面目に通ったものの。
さほど勉学に打ち込む風でもなかったのでした。

ところが!

部活動を引退したら・・・・・。
しゃっき―――ン!!!!
なんか知らんけども。
すごい勢いで頑張り始めたように見える。

随分と必死に勉強しておりましたん。


実は・・・・・。


先日、塾の保護者面談があった時。
あまりの成績の悪さに、先生に
「このままでは難しい」
的シブイお話しを、承って来たんでした。

『偏差値が、まあ、正直、15くらい、たんない
それはそうたやすく取り返せる数字ではない。
志望校、変えたって~~~~。』
とのアドバイス。
悲報でしたん。


んで。
帰宅後、それを三男に伝えたところ。

アイツ偉いなと思ったけども。


まーーーーーーったく動じずに。
「うん分かった。
上げてく。」
と。



そんで。

なんかさーーーー。
その後ほんとに頑張って。

ひたすら勉強してるように見えた。
なにしろ、彼の夢は弁護士ですけん、弁護士になるには非常に学力必要だもんね。



んで。
今回の、学校の、前期中間考査・・・・。

スッゲー伸びたん
ありえないほど!!
まだ順位出てないけども。
このままでいけば、「上の中」くらいに食い込めそうな勢いっす~~~!♡!

なんかさ・・・・。
ストイックに頑張ってるん。



我が家は6人家族、夫婦と子供4人、計6人なんだけど。
実は色々な面で、
3:3
に分かれる。


ストイックチーム:夫・長男・三男

ゆる~り自堕落チーム:私・次男・末っ子



三男がこの先どうなるかはわからないけれど。
途中で力尽きるかもだけど。
んでもな。
ゆる~りチーム主将の私から見るとさ。
信じられん。



という。
受験生息子のスタートダッシュの日々を記録してみました。
今も塾で勉強中なんだけど。
息子の塾のいいところはにゃんと!
我が家から、徒歩3分。
ゆっくり歩いても、5分でしょうか。


最寄りの塾に、入れちゃいました。
それはもう、とってもいい選択だった気がするヨ。
送迎しなくていいって、最高♡

自堕落チームの塾選びの基準。



またね


にほんブログ村

大学入試の季節に。

ヤッホーーー!!

先日は、非常に久々の更新だったにもかかわらず、なんだかあったかいコメントなど頂き、
皆様から幸せをいただきました。
  ↑
いやん。
パクリ。
完全なるパクリ。
ゆづくんのね。
マネしてみたのよ。


ところで。

大学入試でしたねぇ~~~。

と、打とうとしたら。
私のパソコンったら。

「大学乳し」
と変換されたぜ?
どーーーゆーーことだッ!?

コメント下さったh様も、そして地元の私の友人の何人かも、今回お子さんの受験を抱え、どっきんどっきん中ですね。
頑張れ~~~\(^o^)/\(^o^)/

我が家は今年は。
珍しいコトに、受験生なし。
心穏やかな春となっております。


でもね!
実は私は、いくつかのブログの熱心なる読者であったのです。
さすがにここ数カ月は、余裕がなく。
訪れることもなくなっていたのですが。

ホントはね。
受験生や、受験生母のブログも読むのです。
読むんですよ~~~。
うふふ。
メチャメチャ真剣に読みますの。


ブログ村の「大学受験」等のカテゴリー等からいくつか訪問し、気に入ったいくつかを時々読んで、こっそりと応援したりするという趣味を保持しておりました。

んで。
久しぶりに訪れてみましたよ。


私立に決めた子あり。
国公立結果待ちの子あり。
色々でした~~~。
何を読んでも、受験の記事は、目頭が潤む~~~~。
頑張れよ~~~青年!
頑張ってね~~~~女子!


我が家はもう。
2人は終わってしまいました。
受験当日のコトは、どちらも忘れられませんでございます。

長男の時。
私は寒い寒い暗い暗い東京の町を、ひとりでさまよい。
とある大きな公園の池の周りをとぼとぼ歩いたり。
とある博物館だったか美術館だったか(そこは忘れた)に入り、ぼんやり過ごしたり。
不安で不安でたまらなかった。
長い一日だった。
てゆうか。
2日間だった。


次男の時。
私は車で行きました。
それは、のどかなとある地方都市の。
街の外れの郊外の美しい山に囲まれた大学でした。

受験の間中、私はとあるスーパーの駐車場に車を停め。
車内で東野圭吾の小説を読んでたのでした。

本当は本屋で本を選びたかったんだけど。
どーーーーーしても、本屋が見つからず。
コンビニで本を購入したのでした。

たまたまあった東野圭吾。
私は普段は東野圭吾は読まないのです。
長男は大好きで、よく読んでた。

その日はそういう事情から珍しく読んだ東野圭吾が面白くてさ。
不安で不安でたまらない時間を。
一緒に戦ってくれたような、同志みたいな連帯感を、勝手に感じちゃう。
さんきゅう、圭吾君!
次男の受験は、暖かな春らしい日でした。


どちらも。
忘れられない風景です。



そして。
今は大学生な2人。
長男からは、
「春休みは帰れません。すいません」
「夏も微妙です」
という連絡が来ました。
「じゃあ、ママが東京に行くね~~!」
と送信したら、なんて返信来たと思います?????
皆さんのお子さんなら、なんて返してくれそう?


あ。
長男???


「了解しました」


ですと。


絵文字はおろか。
「。」さえ、ついていませんでした。


母はさーーーー。
もうちょっと、なんかさーーーー。
違う返事が欲しかった今日この頃。
本当に東京に行くかどうかの問題じゃなく。
コミュニケーション求めてたのね?ママはね?


でも。
次男は帰省する予定♡
うれすい~~~~♪

コイツは少々コミュニケーションとれる。



ンではまたね!





にほんブログ村





プロフィール

こぶりんぼ

Author:こぶりんぼ
4人の男児の母です。
長男次男は大学進学のため、家を離れました。
残るは高校生一人、中学生一人。
B'zを溺愛する母の、日々の徒然です。
よろしくね。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

リンク


にほんブログ村

フリーエリア

リンク

フリーエリア

フリーエリア