成人の日に。

こんばんは!!
成人の日でしたね。
我が家にも一匹おりますン。
成人式の、♂。



あれは・・・・・。
10月の終わりだったでしょうか・・・・・。
めったに連絡よこさない大学生息子から、め~~ずらし~~~く、メールの返信が来ましたよ。


今ね。
ケータイの受信箱から探して見つけました。

こんなメールでしたよ。



長男:
「最近風邪気味ですがそれ以外は元気にやっています
あと、成人式なんですが(地元の)、個人的には行かなくてもいいかなと思ってるんですが、どうですか?」


以下、その頃の、私と息子のやり取りを、記念にのせます~~♪
メールでこんなんに会話が弾むコトは、非常にマレなんですよ~~~!

質問形式でメール送っても、返信ないコトも多々あるんで・・・

この時期、息子はヒマだったんかしら~~~。
こんな濃い会話、珍しいん。
記念だわ~~~♡


(個人情報的な部分や余計な所は、省いてますよン♪)




私:
「風邪ひいてたか~
近くの医者調べておきなね。

成人式は、〇〇(息子)が行きたくないなら行かなくてもいいと思うよ
ただ、二十歳の記念にスーツを買ってあげたいのと、写真館で写真撮りたいなと、ママ的には思ってました。
どうでしょう?」


長男:
「風邪薬飲んだら少し良くなりました
成人式の前日に授業があるっぽくて、忙しくなるかなと思いました
考えておきます」


私:
「お大事にね~~
たくさん寝なね。

こちらのスーツ&写真は、成人式当日じゃなくて大丈夫だよ。
お正月に帰ってこれるなら、その時にしよう。

お正月ができなかったら、春休みでもいいよ。

当日は東京で過ごして大丈夫だよ。
〇〇区の成人式には出るの?」


長男:
「こちらのにも出ないと思います」



私:
「了解
成人式に出るもよし、出ないもよし。自分で納得できる形でいいと思うよ。

バイトはやってるの?
お大事にね。」


長男:
「分かりました」





ってな会話した~~~


そんなワケで!
成人とは言え、なーーーんもなしよ。


あ。
お正月に、スーツ作ったり、写真館行ったりしたか?
ですって~~?


行ってない、行ってない。
うん
予想通りの流れだね。


お正月・・・。
冬休みをダラダラ過ごした私ら親子は・・・。
コタツにすっぽりともぐりながら、今度は対面でこんな会話を交わしたのでした。




「あ~~~。
スーツと写真、行かなきゃね~~」


長男:
「オレ的には、別にいらないんだけど。
スーツ持ってるし」


私:
「でもさ~~~。
来年になっても、どうせ、就職活動しないんでしょ?」

長男:
「しないよ
院にいく」

私:
「来年就活するならその時に買ってあげるけど、しないんなら、スーツの買い時、今だよね?」


長男:
「う~~~ん。
どおでもいいんだけど、俺は」


私:
「春にしよっか~~~?」


長男:
「ああ。」


私:
「春に、次男ちゃんの受験も終わってから、みんなで盛大にお祝いしようか~~。
その方がイイね~~」


というワケになりまして!!!



今日は・・・。

成人記念の息子に、会ってもいない。
メールもしてない。
な~~~んもない、成人の日になりました。
えへへ。



ところで。
メールのやり取りで、私の、バイトに関する質問を華麗にスル―した長男ですが・・・。

お正月に問いただしたところ・・・。
ほっとンど、やってないらしい・・・・・


やってお願い





にほんブログ村
スポンサーサイト

息子の帰省

おはようさん!!

すっかりご無沙汰してしまいました
お元気な年末をお過ごしでしょうか?
え?
元気?
だけど?
え?
すべてが?
メンドクサイ???

アハハ~~~
もちろん、私もです!!!
年末年始的な、そういう、風習的な、そういう感じ。
好きにはなれないですね。
ま、仕方ないよね、生きてるからね。



でもね!
年末年始には、いいこともある。

東京の息子の帰省。

これは、メチャメチャ気分が上がります!!
嬉しいもんだねえ♡これは。

長男はね。
にゃんとまあ、新幹線ではなく、青春18切符で鈍行乗り継いで帰ってきました
我が家の立地だtと、それはもう、朝出て夜着くみたいな感じ。


あああ~~~。
私も実は、30年ほど前の学生時代。
随分と18切符で、ぶらり鈍行の旅をしたんですよ~~。

「名前は知ってるけど行ったコトのない街」
を、この目で見てみたいという、それだけの旅。
随分行ったものでした・・・。
懐かしいわ~~~~。


でね。
18切符で、夜に近くの駅に降り立った息子は。

髪型もスッキリ。←羽生君のような髪型♡

荷物も少なく。

彼はいつも、着替えも、下着さえも持たずに帰省するよ。
でも前回は、本や勉強道具をいっぱい持ってたっけ・・・。
今回はパソコンくらいかな?

彼は。
家についてから、父や弟から、パンツや洋服、靴下などを借り歩きます




帰宅後は・・・・。
まず、息子4人が揃ったタイミングで、写真を撮りましたよ。
4人が揃うコトはもう、なかなかムズカシイコトでして。
それぞれが忙しい。
受験生の塾通いの次男と。
試合だなんだと、早朝から出かける弟たち。
そして、東京に暮らす長男ですからね・・・。
4人での、フォーショットは、貴重っす!


写真撮りながら・・・。
「ああ。
この4人とも、私のお腹から出て来たんだな~~
あああ~~
みんな小さな赤ちゃんだった!
息子よ。
ああ、息子らよ
と、もう、感無量でした!!


あ。
私は結構、感無量になりやすいタイプなんで、お気になさらず・・。
3日に一回は、感無量になっとる!


で。
東京で自分のテレビを持たない長男は。
着いてからは、弟たちが録りためた番組を見まくっていますよ!!

NBAバスケットの試合。
LIFE(ウッちゃんや星野源の出てるコント番組)
Mステ
ワンピース
M1グランプリ
等々・・・・。



そして。
私と長男は、意見が一致したり食い違ったり・・・。
楽しい!!


私と長男の意見の食い違い


長男:
「ピコ太郎の、何が面白いかわからないな。」

私:
「え~~~~ッ!!??
すっごい天才じゃん?
おもしろいし、いい人だし、才能もあるでしょ!?」

長男:
「そお?」

私:
「日本のお笑いはさ、言語の壁さえ克服すれば、世界に通じるってことを、証明したんじゃないの~?
誰にでもわかる英語だからね、受け入れられたよね。
てゆうか。
日本のお笑いって言っても色々だけど。
ピコ太郎は最高峰じゃないの?」

長男:
「あ、そお?」


とゆう、食い違いがありましたよ。


母親である私の押しの強さと、長男の、淡々とした感じとが、図らずも露呈されてしまいますたが・・・


私と長男の意見の一致

①RADWIMPS
いいわ~~~。
天才でしょ。

録画されてた、「NHK Songs」の、RAD特集を、2人で深夜に観た


②きゃりーぱみゅぱみゅ天才。

本人がスゴイのか、プロデュースの力なのかは、知らないけれど。
でも、とにかくこの子はスゴイ!

というコトを、私も以前から感じてたので。
長男と共有できて嬉しい

長男:
「とにかく、つけまつけるは、特にスゴイ歌だね。」

私:
「つけまつげを、歌にしようという発想が、もう本当にスゴイね。
だれも考えつかないよね。」

長男:
「ああ。
そうだね。
歌詞が、スゴイね」

私:
「そうだね~~。
常識を飛び越えてるね」


となると。
ぱみゅぱみゅがスゴイのではなく。
ナカタヤスタカがスゴイというコトになる。
そうなんだろう。

でも!
やっぱ、ぱみゅちゃんもスゴイ!
「チーム・ぱみゅ」が、スゴイってことか。



という感じで、長男と私は、だらだら深夜に録画を見て、楽しんだわ~~~


そこに、時々夫参入。
夫:
「平成ジャンプとキスマイって、どうやったら区別できんの?」

ファンの人ゴメン

私:
「そ・・・それはファン以外には難しい課題だね。
ローラースケート履いてんのが、キスマイかな~~?」

夫:
「え~?
ローラースケートは、光GENJIじゃない?」

今はそういう話じゃなくない?

私:
「そ、そりゃあ、そ・・・そうfだけど
キスマイも履いてなかったっけ?」

夫:
「え?
ウソ!?
履いてないんじゃない?あ、履いてる?いつも?」



誰か~~!!
俺達夫婦に、その辺、教えて


そして。
夫:
「え?
ピコ太郎そんな、いい?
わかんないな~~」

夫:
「え~?
きゃりー?天才?
わかんないな~~」

・・・・・夫の価値観は、私とは、違う。



しかし彼も、
「感無量になりやすさ」
では、人後に落ちない人物でもある。
けっこう感激屋さん。






という感じで。
久しぶりに帰って来た息子と、深夜に見るテレビ色々は楽しくて。

楽しいあまりに。
掃除も年賀状も、お年玉の準備も。
な~~にもかも、忘れて生きてる~~~~

DAREKA~~~~~ッ






にほんブログ村

東京の学生長男との、距離感。

いやはや、昨日は。
コッテリと、妄想夫婦ごっこ(稲&Me)を楽しんだものだから。
んも~~~ゥ。
アドレナリン稲エキス、オラの中でビュンビュンほとばしる♪ってゆうのん?
うふふ。

仕事もはかどりました



さてところで。

今、私の家には、息子が3名常住しております。
一番おっきい長男は、遠い遠い東京で、学生生活を送っとる。

しかし。
田舎の母たる私は、ひと時たりとも、長男のことを忘れることはないのです・・・。(ザ・美談)


・・・・・・と思ったら。
あ~~らビックリΣ( ̄□ ̄|||)

忘れるんですね~~~。
忘れるんですよ~~~~。
母といえども、ついうっかり、すっぽり忘れてるんですねェ~~。




私ね。
自分で言うのもなんですが。
長男溺愛してましたです。
ええ。
んも~~~~~、かわいくてかわいくて。
そして、心配で心配で。

例えば、「今日はプール」と言われただけで、

溺れるんじゃないか?今頃死んでたらどうしよう?両足攣(つ)るんじゃないか?帽子忘れて先生に怒られてるんじゃないか?泳ぎ方がヘンとか言っていじめられてるんじゃないか?プールサイドが熱くて足の裏痛いんじゃないか?着替え中にバスタオルが落ちてからかわれてるんじゃないか?水着を後ろ前に履くんじゃないか?水泳後パンツちゃんと履いてるか?水泳の次の授業眠いんじゃないか?髪の毛拭いたかしら?

くらいの心配は、フツーにしていました。
小学校から高校まで!


無事に帰って来ると、メチャメチャホッとしたものでした。


そのくらい、ホントにいつも心配してたものです。
これは溺愛でしょうか?
心配性でしょうか?
普通ですよね?
母とはそんなものですよね??



ちなみに。
息子への愛に順位は付けない主義ですが、やはりそれぞれ微妙に違う。

長男への思いは、「あふれる母性愛」+「理解不能な宇宙人なヤツ」
次男への思いは、「私似な男への仲間意識」+「超不安なヤバいヤツ」
三男への思いは、「なんかスゲー!・リスペクト」+「ドジで面倒くさいヤツ」
末っ子への思いは、「なんとかなるだろう的信頼」+「でも、きっとかなりのバカだろう」

・・・・って感じかなと思います。


てゆうかコレ。
息子への愛というよりは、悪口・・・・・💦・・・?
いえいえいえいえ!愛です愛。愛ね。



あ。
話が逸れましてすんません。

まあとにかくですね。


意外と、離れてしまった長男のことを、思い出さない日も多いんですよ。
自分でもびっくりです!
東京に巣立つ日には感無量でしたけど。


今じゃ、たまに、
「はッ!
そう言えば、長男!!
元気なのか?」
と思い出すというアリサマ。

母性愛・・・・どこ行った????


世間では。
「もう、うちの息子ったらちっとも連絡くれなくて・・・」
という老母の嘆きはよく聞くが。

私の場合。
自分もちっとも連絡してないゆえ、嘆く資格もないというものである。



まあそんな。
絶妙な距離感(距離ありすぎだろう感)で暮らしてる私と長男ですが。



この夏ね。
東京の長男は2か所で合宿行なったらしい。

8月に、沖縄で合宿。
これは、彼が所属してる学生の研究サークルのようなものの、他大学との合同合宿のようなものだったらしい。
他大学や外国人学生とも交流しながら、研究発表などを行なったようで。
いやはや私のグータラ学生時代と比較をすると、まばゆいばかりである。



そして9月には、福島で合宿。
これは学内のゼミ的なものの合宿か?(よく分からない)




さすがに。
沖縄へ行くことについては私も久しぶりに少々心配をしたものでした。
台風とか色々あったもので。

で。
何度かメール等で連絡したのですが・・・・・。


長男からの返信は、
「とても楽しい」
「すごく楽しい」
「沖縄はとてもいい」
のみならず。

「大学卒業後、沖縄の大学の院に進もうかな」・・・・・





マジすか?
カネは誰が出すんやオイ

とは返信しませんでしたよ。大丈夫。心の声ですわ。



まあそのくらい楽しそうで。
とってもはしゃいでる感じの写メも送ってくれました。
その写メを見て。

じ~~~~~ん


たくさんの友人たちと、肩組んだりして盛り上がってるぅ~~~♪
長男が、弾けたように笑ってるぅ~~~~♪



写真の中の、長男の周囲の学生の顔を見ながら、
「うちの子と仲良く遊んでくれて、ありがとね。」
って。
久しぶりに、長男が幼稚園の頃のような気持ちになったわ~~♡



それにしても。

不思議なものですね。


夫が他所であまりに楽しそうな写真など見ると。
「ハイハイ
楽しそうでよろしいですこと。
こっちは育児で大変ですけども
という怒りを、消すことは、ムズカシイ。


友人やママ友などが楽しそうな様子を知ると、
「あああ~~。
みんな楽しんでるのに、私だけなぜ、こんな毎日なの・・・・
という、自虐の念や、仲間はずれにされた感を、消すことは、ムズカシイ。



なのになぜでしょう?
息子が楽しそうだと、もう、ほんと~~~~~~~に、嬉しい!!!
心の底から幸せになるね。
最高の気分になるものですねえ~~♪



息子よ!
母のことも実家のことも。
スッポコポンに忘れて、楽しみなさい!
笑いなさい!
羽ばたくのよ~~~~~!!!

と思いますね。




で。

ホントに実際。
息子は、母のことも、実家家族のことも、スッポコポンに忘れて暮らしてると思うわーー。

福島に行ったとか帰ってきたとか、なんもわからん。
福島県の、どこなのかも、分からん。
何の連絡もないしこっちもしない。

ま。
いいや、どうでも。




という感じで。
かつて、プール一つで、死ぬほど心配していた私も。
今じゃこんな、スッポコポンになっちまいました

ま。
次男三男末っ子に関しては。
今でもスッゲー心配性です。
常にウロウロおろおろしていますわ。
バカなのかしらと、思うほど。


ちなみに。
遠距離合宿に際し。
資金援助はしたのよ。
かなりの額を!
おかげでこっちは、相変わらずの古米生活でィ
あ、援助しなくても古米生活だけどさ。













長男から来た写メ、沖縄の海。
とても深く感動したようです。
私も行きたいな。
夫と行きたい。(で、現地で時折別行動とか)←修学旅行風。




image3 - コピー










稲様と息子と。
元気でいてくれれば、それでいい。
どこにいようがかまいやしない。
   悔いなく輝けよ~~♪♪
にほんブログ村 子育てブログ 子だくさんへ
にほんブログ村

息子の帰省。そして長所と短所。

遠くで暮らしている、大学生の息子が、先日、帰ってきました。



普段から非常に「報・連・相」がお粗末な彼は。
帰省に関してもまったくもって、連絡が悪く。
当日の朝に。
「1時の新幹線で帰ります」
というメールが来たのです。

皆様ならこのメールをどのように解釈します???


私は、
「1時に東京を出発ね。
・・・・・ということは。
在来線を乗り継いで。
我が家最寄りの駅には、夕方お迎えに行けばいいのだな。」
と考えました。

そしたらさ!

1時に、
「着きました。お迎えお願いします。」
とのメールが!!


『1時着』Σ(゚Д゚)!!!
だったのかよ~~~~~ッ
『1時発』かと思ってたじゃん。
母ちゃんビックリしたよもう~~~~
今から部屋掃除しようと思ってたじゃ~~ん
仕方ないわ。
自分でお掃除なさい!ね?



・・・・と言う小事件がありました。


皆様。
旅の連絡をする際には、
「1時発」とか、「1時着」など。
「着」or「発」。
この、たった一文字を、バカにしないでいただきたい!!
省略することのなきよう、余計なお世話かもわからんが、私から皆様への、遺言としたい。




さて。


久しぶりに会った長男は、とっても素敵な髪型をしていました。
素敵な髪型・・・・とは?
短髪っす!
「男の髪と、校長先生の朝礼の話は、短いほどよい」
ということわざ、ありましたよね?
え?
ない??
いやーーーーん。
私の心の中には、ある!!

いやもう、稲葉さんもそろそろバッツンと短髪にしていただきたいものだわ!
私のストーカー度が上昇することであろう。


とにかく。
息子は思いがけず爽やかな髪型で登場。
1年前、ブロッコリーみたいになって駅の階段を降りてきた姿とは、大違いでありました。


あああ
この子はもう、東京の人間になったのだな。と、気づいた瞬間でもありました。
お気に入りの床屋を見つけ。
母親にギャーギャー言われなくても、自分の意志で床屋に行く・・・・。
そんなことが、自然にできるようになってたんだね・・・・・
向こうでの生活は、すっかり軌道に乗ってるんだな~~~~~。
じ~~~~ん♡



そして。


我が家に着き、私は長男に聞きましたん。
「どの部屋で暮らす?」
と・・・・・。
どうせ掃除が間に合わなかったんで。
選択権を与えよう・・・・・。

①非常に暑いが、プライバシーは保てる個室。エアコンもなければ、風通しも悪い。
②エアコン付きの涼しい部屋だが、家族の通り道となっている。リビングの一部のような部屋。一人になることはできない。

残念ながら、「涼しい個室」等というものは、生存競争激しい我が家には、残されていないのである。

さあ。
どっちにする?????




ちなみに。
選択肢①の、「暑苦しい個室」は実は。
普段は私が寝てる場所なんです。
ここを掃除して、長男に提供しようと思ってましたん。

私の言葉を隣で聞いてた中学生3男が。

「え?
じゃあママはどこで寝るの?」

と聞くので、

「ママはどこでも大丈夫だよ~~~
どこでも寝れる、
ってゆうのが、ママの長所だよ?」
と三男に言いましたらば。


三男:
「えええ~~~ッ!?
短所でしょ!
『どこでも寝ちゃう』
って短所じゃん!!」

という鋭いご指摘を受けましたん。



確かにね。
人間というもの。
長所と短所は実は同じなんだよね~~~。
それが真実ですねん。
個性というものがあって。
見方によってはそれが長所となり。
ある場合にはそれが短所となる。
人間とは、そういうものですなぁぁ~~~。


私の長所。
「どこでも寝れる」

私の短所
「どこでも寝ちゃう」


決定!






んで結局。
長男は迷わず、

を選択。
「暑苦しい個室」よりも、「涼しい通路」を選択した。
あなたの涼しさ重視のその生き方、母ちゃんも賛成よ!

プライバシーとかそういう辺りにあまりこだわらないのが、長男の長所だな。
人生、涼しさの方が大事だしね。
弟たちとの交流も大事である。
母との交流にも気を使ってほしい。
通路、バンザイ!!



とういうワケで・・・・・・。

弟や母親に、踏まれそうになりながら。
バスケットボールをぶつけられそうになりながら。
テレビがガンガン響く中で。

昨日も長男は、
寝坊して、昼寝して、夕寝をしていましたわ~~~~~。

よく寝るところが、彼の長所である。
人生で最も大切なものは、睡眠と水分であろう。


で。
たまに起きてヒマな時は、弟たちと一緒に、いろんな録画を見ています。
NBAの、バスケットの試合。
Mステ。
HUNTER×HUNTER。
映画。
等。
自分は剣道部だったにもかかわらず、NBAに興味津々で、三男とバスケ話で盛り上がれるのが、長男の長所である。




そして。
たまに出かけて行きます。
高校時代の友人と会いに行ったり、母校に行ったり。



長男が留守で、私が在宅の際には。
すかさず、長男の布団で私が昼寝!!
だって、私の視界の片隅に、気持ちよさげな布団があったら・・・・ねえ?
我慢など、意味がない。
どこでも寝ちゃうヲンナという、せっかくの自分の個性は、大事にしないとね



というような。
私の素敵な、夏休み♪
皆様の夏は、いかがですか??






短髪、BANZAI♡

にほんブログ村 子育てブログ 子だくさんへ
にほんブログ村

大学生長男の、抜歯な春休み。

こんにちは~

前記事では、キモイ絵でびっくりさせてしまい、大変失礼したわーーー。
失敬失敬

我が家の三男氏の描く絵は、この頃キモい。
かつ、何かしら大きなこだわりを感ずる・・・・。
かつ、私を妙に魅了する。


ところで!!


今日は、我が家の大1長男の今について、少し記録しておきたいと思います♪

彼は、

こんな感じの大学生。
img016_convert_20160316100013.jpg
  ※今日は、私の絵ですわーーー。
   三男に比べ、キモさも才能もこだわりも何もないよね・・・



長男の特徴
は非常に色々ありまして。

①髪を染めていない。
「髪を様々なカラーに染めている人々は、そんなにも髪の毛というものに、興味関心があるのか。
何が面白いのか。
不思議なものである。」
という考えを持ってるんだろうな、と、母は想像する。

真っ黒クロスケのまま、自由に生きてる。


②その上、たいてい寝癖が付いている。
直そうという気力を持たない。
「寝癖がついてると、何か、不利なことでもあるのだろうか?」
という考えを持ってるのではないか、と、母は想像する。

躍動感のある髪をなびかせて、自由に生きてる。


③眉をいじっていない。
「眉を整えると、点数でももらえるのだろうか?まさか。
なのになぜ、人々は不要な労力を眉に注ぐのか?
疲れないのか?
不明である。」
という考えを持っているんだろう、と、母は想像する。

生まれたままの、奔放な眉で、自由に生きてる。




ちなみに。
私は今現在、多くの若者と接するお仕事をしているが・・・。
私の接するお兄様方のほとんどは、髪を少々(または随分)染め、眉を綺麗にそろえ(または細すぎ)、寝癖を直してから外出していると思われますわ。


まあとにかく。
上記①~③の特徴は、長男の生き方、価値観、性格を、如実に物語るものであるよ。
彼は、独自の道を歩む人である。
他人に興味がないゆえ、流されることもあまりない。



う・・・・
うらやましい!♡!


流されまくり母。



その他に、彼の価値観とはまた別の特徴として、

④顔が細長い。

⑤顎が小さく、歯並びが悪い。

というものがある。



そう!
歯並びが・・・・・ッ!

というワケで、今日は歯並びのお話し




彼は、矯正が必要なほど、ガタガタな歯並びを持つオトコであるが。
今までやってこなかったん・・・・


理由?


まずね。
長男が小学生の頃は、私、

妊娠出産授乳育児夜泣き妊娠出産授乳おんぶ夜泣き下の子連れて入園式PTAおんぶ夜泣き・・・・・

という、無限地獄に溺れていたわーーー。
溺死寸前。


そんな中ですから。
お兄ちゃんたる長男に関しては、
「虫歯が痛む」
という緊急時以外に歯科医に連れて行くなど、考えたこともないのよ。エヘヘ。


私が少々余裕が出て。
長男の方も歯が色々生え変わり、ヤバそうな雰囲気が出始めた、中学時代。
彼は、部活や、高校受験勉強に、驚くほど没頭していまして。
その上、反抗期だしね。
緊急時以外、しゃべった事もないわ



その後、高校時代の彼は。
反抗期こそ終わったものの、部活で忙しい上に。
死の危険をうっすら感じるほど、受験勉強にまい進
本当に、ギリギリの生活をしてたと思いますわ~~~。
何の余裕もなかった。
とてもとても、緊急性のない矯正など、持ち出したとしても、瞬殺だったことでしょう。


まあ、その上。
矯正はばか高いからね、親の方も覚悟が必要よね。
我が家みたいなギリギリ家庭では、高嶺の花と言えます。





そんなこんなで。

歯並びの問題をそのままにしたまま、長男は、東京に行ってしまいました。




そして、帰省数回・・・。
高校時代には一度も見たことがないような、のんびりとした・・・いや、正直、すごくヒマそうな長男を見て。

私も、今回、重い腰を上げました。
歯並びについて、まずは、相談に連れて行ったのです。




歯科医の先生(←女医さん)と確認した長男の歯は、まあだいたい、こんな感じだったわ~~~。

img001_convert_20160316100036.jpg


特に問題が大きいのが、この赤い2本!

img002_convert_20160316100050.jpg



先生が言うには・・・・。

「顎が小さい。
この赤い2本を抜歯して、その後矯正に入るのが良かろう。」
と・・・。

全く同感!!!




んで。
私は聞きました。

そのとおりと思います~~。
でも実は、普段東京にいるため、定期的に通院できないのですが、どうでしょう?
ちなみに、おいくらかかりますん

と・・・・・。




先生はキッパリ。

「矯正は、近くに住んで、定期的に通院してくれるのが前提です。
夏冬春休みの帰省だけでどうにかできるかと言われますと、不可能ではないですが大変。
東京にいる間のお手入れは、本人の非常に大きなやる気が必要になりますね。
ま、頑張ればできますよ。
あ、30万です。」

これは安い!
安いよね?

実は、ここの歯科は、矯正が安いでちょっと有名なようですのよ。
検査も安い。
で、30万なら何とかできるか・・・・ッ!!
と、覚悟を決めました。
100万と言われたら、覚悟は決められなかったと思うわ。



そしてね。
私は、

『やはり、矯正に取り組むのが遅すぎたのだ・・・・・。
息子に申し訳ないことをした…』
という反省があったものだから、ちょっとその辺を先生に聞いてみたよ。



そしたらね。
にゃんと!




「私の娘も、大学生の時にやりました。
遠方の大学に行ってたので、夏休みなどしか、見てあげられなかった。
本人が、キレイな歯並びにしたいという思いが強かったので、2年かかりましたがやり遂げましたよ。
人それぞれだけど、大学時代は、それはそれで、いいチャンスじゃないですか?
小さい子供と違って、本人の意志も固いですしね。
自己管理もできますから。
就職前に終わらせると安心ですね。」



ですって!!



良かった~~~~
私が、50年の罪深き人生の中で山のように積み上げてきた
罪悪感
の中の一つが、ふわんと軽くなったわーーー♡。




「なぜ今までほっといたのか?
遅すぎる
と叱られるのって、本当にイヤだからね~~~
そういうこと言わない医者は好きよ♡




歯科の先生自身が、自分の娘の矯正に関して、大学時代に取り組んだというのは!
なんかねーー、勇気もらうわねーーーーー。




んで。
そんな優しい女医先生が出した結論は・・・。


今回はこの、2本の抜歯をする。
矯正をするかどうかは、夏休みまでよく自分で考え、自分で判断する。
それでどう?


了解!!!


というワケで、昨日、2本目の抜歯をした長男です。

予想以上の痛みと、ぐったり感!!



2本とも、虫歯にはなってなかったので、もったいないけど・・・。
かみ合わせにも支障あったようなので、抜いてスッキリってとこでしょうか。



長男の考え?


①~③の特徴を持つ長男ですからね。

「矯正はメンドクサイ。
虫歯はイヤだけど、歯並びは関心ない。
虫歯になってから考える。
歯並びについては、今回の抜歯で終了にするつもり。」

というもの・・・・・。



まあね。
将来、オシャレな富豪になったら、自分のカネで、東京の立派な歯科で、100万以上かけて取り組んでも良かろうね





あ。
でも今回の検査で分かったんだけど・・・・。

親知らずも、大変なことになってるらしい・・・。
完全に横向き(水平状態)で、隣の歯に引っかかって、歯茎内に眠っていました。

生えてこれない親知らずを抜歯する際は、入院しなきゃならないんだってね
知らんかったわーーーー。

どうなんのッ!

センセイ曰く。
この親知らずは、悪さをするかもしれないし、しないかもしれない。
もうちょっと、経過観察でもいいんでない?
と・・・・。

ほッ!





やっと一歩を踏み出したばかりの、長男歯事情。
今後の展開、どうなることやら~~~~


またね





にほんブログ村 子育てブログ 子だくさんへ
にほんブログ村

そうだ!本屋に行こう!

おはようございます♪


先日。
東京に進学した息子が、帰省しました(((o(*゚▽゚*)o)))
アハハハ。
恥ずかしいほどに、嬉しいやい。
アハハハ~~~♪
  オホホホホ~~~~♪
     ルラララララ~~~~♪


そして。
2~3日ゴロゴロしたのち、非常に不満げな顔して、ヤツは、
「こっちには、いい本屋がナイ。」
と文句を言いおったッ

そ・・・、そりゃあ、大都会東京には、さぞかし楽しい本屋があっちこっちにあることでしょうぞ!
プンプンッ
こっちは故郷でっせ?
田舎でっせッ?
母ちゃんがいればそれでいいんでないの?

(全然よくない。手料理ないし、家汚いし・・・・・。)



でもねえ。
・・・・・確かに。
確かにそうなんよ~~(泣)
息子様の言う通りなんよ、ホントに、ホントは。
私も常々、不本意に思っておった。

わりと近くにあった大型書店も、1年ほど前に閉店しちゃって(泣)。
もう一軒あるんだけど、品ぞろえが超イマイチ


仕方ないんだよね~。
ネットで買う人が多いのも事実だしね。
電子書籍とか、選択肢が多い昨今では、本屋もなかなか商売が難しいのでしょう。
店じまいのニュースばかりだものね。



でもね。
本音を言えば、やっぱ、本屋はネットだけじゃーダメよねえ。
書棚を眺める楽しみというものが必要ではあ~りませんかッ!
時代の流れが少々恨めしい今日この頃でもありますわ。



で・・・。
東京から来た息子が、本屋がつまらないと。
品揃えがかなりイマイチと。
そう文句を言うというワケですわ

息子は、純理系オトコなので、『理系な本』が読みたいみたい・・・・・。



はッ

ヤバイ!!
やばいわ。
このままでは・・・・。
もしかして・・・。
「実家に帰っても、本屋がなくて、つまらない」
という理由で、帰って来なくなってまう・・・・(;_;)

ぎゃびーーん


オヨヨヨ・・・・
この、年老いた老母(←言い方クドイ?)に会うためだけには、帰ってこれないというの、息子よ?
オヨヨヨ・・・・・。
わしはもう、おまへに会ふのだけが楽しみなんじゃよ
老ゐたる母上を、これいじゃう、泣かせたまふな。


・・・・と、同情買う作戦も、我が家のクールなお地蔵さん相手じゃ、通用しないッ
他人に興味がないからね。
たぶん彼は、自分にすら興味がない様子・・・。



と思ったので!!


次なる作戦。

→長男の満足する本屋に、母ちゃんが連れてったるッ!!!
探してあげますとも!



そう思い。
先日、時間がある日に。
長男を連れて、こちら方面にある、とある大学構内の、大学生協系書店に行ってみたのッ!!
大学内なら、大学生の満足する品ぞろえがあるはず・・・・。
という確信のもと。
理系学部のある大学へと、
レッツ・ドライブ!!!!

まあ、遠かったけどさ。
東京よりは、近いべさ。


というワケで。
私の愛する「稲造号」(愛車名)に、息子を乗せて、2人で向かいました!!
(弟たちは学校の日)





大成功

素敵な書店だったわーーー。
そこの学生だと割引があるようですが、我々は定価。
定価さえ払えば、外部の者もまったくOKなんすね。



長男は、念入りに書棚を眺め。
選びに選んだ末、アインシュタインについて書かれた一冊の本を選びました。

2016030411090000_convert_20160305104410.jpg



その間。
私は私で、未読の伊坂作品を購入し、ココアを飲みながら読書して、のんびり待った。



2016030411370000_convert_20160305082000.jpg


いやあああ~~~。
サイコーな時間だったよォ~~~。


昔、幼稚園や小学校の頃は。
長男大変だったっす(泣)
登園拒否。
行事不参加。
友達も作らず。
私は煮詰まってたと思うわ。
ぶっちゃけ、行事の際には、情けなくて切なくて、私、客席で泣いてました・・・。
次男の手をひいて、三男をおんぶしながら、長男を思ってしょっちゅう泣いてたよ。


それがねえ~~。
15年後には、
キャンパス(ただし他大学)ブックセンタースプリングデート!!



照れるわぁぁ。
ホントにねえ。
久々の、デート気分を味わったよォ~~。

アッシー婆・兼・ミツグ婆。
えへへ。

いやあ。
もう、プライドとか、毅然とか・・・・それなに??
ですなぁ~~~。




いやはや。
帰省中の息子と本屋でのんびりとはまた、人生の味わいじゃねえ~~。
素敵な一日になりました

※ただし。
ほとんど会話は、ない。




そして私は、こっそり、空に向かって叫びます。

「また連れてってあげるから、夏休みも帰って来るんだよォ~~~ッ!」
↑取り引き。



今度は夫も連れて行きたいわ。←But!読書嫌いなヲトコ



新しいお気に入りの店は、嬉しいものですね☆


またね!

にほんブログ村 子育てブログ 子だくさんへ
にほんブログ村






息子に会いに、東京へ。

こんにちは(^-^)/

いやあ~~しかし
随分と更新が空いてしまったのゥ
いやはや反省
猛反省の記者会見を開く所存だわ。


えええ~~~と・・・・。
この数日の間に、何をしていたかと申しますと。



TOKYO
さ行っできだんだべした~~~。




読書
をしてたんだべした~~~。
新幹線内で読もうと買った本でしたが、車内では爆睡
帰宅後読みふけっとりました。




授業参観・懇談会
に行ってきたんだべさ~~。
小6息子の、ラスト参観。
疲れるよね、あれ。


さて。
今日は東京行きについて、思ひ出を書き記したいと思いますわ~~~。


上京の目的は何かと申しますと、ずばり。
それは、

大学生長男とのデート!


なぜ急にそんな、息子LOVEなん?
と、不審に思われた方もいらっしゃるでしょう。
いや、息子本人も不審に思ってマスタっけ。
「監視?」みたいに思った模様。

し・・・失礼なッ💦




そもそも
発端は、稲葉浩志様ソロライブに参加したことですわ~~♡


先月、稲様のライブに参加した私は、夢遊病のように、うわごとのように・・・。

「ああもう一度会いたい。もう一度。
あああ稲様稲様浩志様♡アゲイン♡
3月に武道館?
いいんじゃない?激近でしょ。楽勝でしょ。
会いに行くわ会いに行くわ稲様。どんな手段を使っても!あああ~~~~♡」

と、そう思い詰めておりました。


その時。
ふと、気づいちゃったんです私。

「え?
激近?東京が?武道館が???
え?
ちょっと待って私。
その東京にいる我が息子に、私は全然会いに行っておらんぞ?
そもそも、彼の大学に行ったことがナイッ!
息子の大学に一回も行ってないのに、稲葉さんのためなら『武道館楽勝♡』とか、ほざいてるオバサン、だあれ?
息子、グレまっせ~~~~。」

そんな心の声が聞こえたんでした。



入試は付き添いましたが、別キャンパス。
入学式も、別会場でした。
結局、今息子が通ってるキャンパスには、一度も行ってないッ💦のですわ。




そこで!

賢母たる私は、稲葉さん用にに蓄えていた(蓄えてはいない)上京費用を、
息子との『キャンパス手つなぎデート』に流用することを決意。
泣く泣く、稲葉様との『武道館手つなぎデート』を諦めたという経緯。


おデートの概要は・・・

早朝に出発・最寄り駅まで夫に送ってもらう。

小学生息子らには、「ちゃんと学校に行くように」と言い残し、先に出発。
寝ている高校生息子には、会わないまま。


→在来線・新幹線を乗り継ぎ大宮から埼京線に。

埼京線から富士山が見えるということを、私はこの年になって初めて知ったの💛
感動感動感動~~~~♡
大宮~与野~赤羽
辺りで、非常にきれいに見えたわ~~~~♡
北国の田舎住まいの私にとって、富士山を見るって、非常に特別感!
今年はきっと、いいことがある☆
と、勝手に確信。


そうそう。
新幹線では、ビックリなことがッ!

まさかの!
隣に座った見知らぬおじさんと、同じ缶コーヒー・・・・ッ!偶然


F1010620_convert_20160219095316.jpg




→息子の寮にお迎えに行く♡

着く時間を伝えていたにもかかわらず、息子は寝ていたわイラッ


→寮でお世話になってる方にご挨拶

お土産持参。


→息子と一緒に電車に乗って大学見物に。

写真を撮りまくり、はしゃぐ母と、迷惑そうな息子。
仕方ないでしょ、楽しいんだからッ
我慢しろや。

P2161419_convert_20160219095355.jpg



→大学構内のレストランで昼食。

マズかった・・・・・


→その後、両国「江戸東京博物館」にて、レオナルド・ダ・ヴィンチ展を一緒に観る。

生まれて初めて、両国に行ったの💛
国技館を見たのも初めてよ♡

ダ・ヴィンチ展は、せっかくの上京なので、一緒にどっか行こうと私が調べて、誘いましたわ~~~

圧巻だった!
すっごいヨカッタ~~~!!!
大感動だったよ!!!!!

レオナルド・ダ・ヴィンチの、底なしの勉強意欲、創作意欲、圧倒されました。

濃い!
あまりに濃い人生やな~~~~。


→博物館内のレストランにて、お茶。

お茶を飲みながら、息子に3万円のお小遣いをあげる。
くうぅぅぅぅ。
貧乏な我が家ではあるが。
私がダフ屋に払ったかもしれないチケット代だと思えば安いモノ


→電車に乗って、途中、息子が下車。バイバイ。

長男:「で、本当は何しに来たの?」
私:「会いに来たんだよ。」
長男:「それだけ?」
母:「まあ、ちょっと、仕事が空いたからさ。」←照れ隠し?
という、疑惑の会話。


母が息子に会いたくて何が悪いかよォ~~

まあ、稲葉さんには、もっと会いたいけどさ、諦めたのよッ💦
あんたを選んだのよ、ワカルッ!?



→私はまた大宮まで向かい、新幹線~在来線~帰宅。





そんな、素敵な一日でしたが、疲れすぎて、翌日は死亡してマスタ~~~。



しかし。
東京は、めちゃ疲れるわ。
もう、途方もなく歩くのね(泣)、東京って・・・。
駅とか、地獄ね(泣)。
同じ駅名でも、JRと地下鉄とかだと、1キロ以上離れてたりするッ!?
あれ、マジでしんどいわーーー。
詐欺やん


東京の人が、元気な理由がわかる気がする。
毎日が、エクササイズだわ、あれ。
脚力鍛えられ感、ハンパないわね。


またね~~~






にほんブログ村 子育てブログ 子だくさんへ
にほんブログ村









冬休みと、息子らの道。

冬休みも、あっという間に終わってしまいましたね。
過ぎてしまえば、本当に一瞬でした~~~~。



かつては、
私にとって、冬休みとはすなわち、
「クリスマス

年末

お正月」
が一気に押し寄せる!
しかも、ヒマそうな子供らがウロウロしてる!!
カネもかかるし、手間もかかる上に、家族(主に夫)は体調崩すわ、雪かきはしなきゃならんわ!!
というハードな日々を示すものだったわ~~~。



でもね~~~。
この冬休みは、違ってた。


雪もないし。
末っ子は熱を出したものの、夫は元気だし。

それより何より。


「東京に出た大学生長男が帰って来る日々」
という付加価値が付いちゃったんよ~~~~((^∀^*))

これは、デカい!!
すごく愛しい、思い出深い日々となりますね、コレ。


今。
私の悩みの70%くらいは、
「高2次男について」
が占めている。


長男について悩むことは、今はほぼない。
「心配」はするけれど、「悩み」はないのであるわ。
なぜなら、もう、長男は長男にしか見えない自分の道を見つけたことが、痛いほどよくワカルから。
私には見えない。
それは、本人にしか見えない、輝く黄金の道だろう。


次男は今、迷路の中にいて。
一本のGOLDEN ROADは、まだ見えてきていない。
諦めたり、妥協したりせずに、真っ直ぐな気持ちで探し続けてほしいというのが、私の母心。





そんな中。
長男と話して、何か具体的なアドバイスがもらえるとかそういうワケではないのだけれど。
でも、長男の言葉や行動の一つ一つが、何かしらのヒントを与えてくれる気がするのである。
無口で無愛想な男だけれども、何かしらの姿を見せてくれたりもする。



今回の帰省では・・・。

こんな会話があった。

私:「これからもこうやって、ここに時々帰って来ることはあっても、もう、この地元に住むってことはないかもしれないね。」

長男:「どうだろうね。」

私:「そのまま、東京あたりで生きて行くんじゃない?
 そんな気がするな~~。」

長男:「海外とかね。」

・・・・・と言った時の、長男の、強気な表情!



か・・・い・・・が・・・・い・・・・・・・????


あああ。
この子は、海外でやりたいことを、もう、見つけてる!!
海外しか、見ていない!!!!



ということを、この正月に、悟ったのでした・・・・・。
ちなみにそれは、イギリスかアメリカであり。
焦点も多少絞られてるようでした。




私の頭の中は、
『地元に帰って来るか?
東京に残るのか?』
という点にあったのだけれど。


長男の頭には、
『海外で勉強・研究・活躍したい。
そのためにはどうすればいいか?
資金はどうする?』


そういうことでいっぱいのようでした。
地元など、そもそも眼中にもなんもなかった




だからか~~。
だから、英文科でも、国際科でもないのに、彼は、英語の勉強にすごく力を注いでる。
あちらで、英会話のレッスンとか、受けてるんですよ!



彼の夢が叶うのかどうか。
私に何がしてあげられるのか?
・・・・・正直、分かんない。
私ら夫婦の収入は、末っ子までの学費までで精一杯だしな~~。てゆうか、それすら無理っぽい!

長男の夢への資金援助はムリだけど。
せめて、精神的には応援してあげたいなと思う。
彼の夢を邪魔しないこと・・・・、それしかできないな~~~。



そして・・・。
そんな長男の表情を見ながら、思ったのでした。


子供は親を越えてゆく。
我が子の前には道がある。
その道を、歩き続けるのに必要なのはきっと、諦めない心と、我が身を強く信じる力かな。


次男がどのような道を選び歩くのかわからないけれど。
その日は近い。
そして、歩き始めたらもう、私には、応援しかできない。

ケンカしたり怒ったりの、「親子」としての時間はもう、わずかしか残されていないんだろうな。

・・・というようなことを。
しみじみと感じました。



そして・・・。
そんな思いを、母たる私に残して。
昨日、長男も、東京に帰って行きました。
「来年の冬休みは、試験中だから帰ってこれない」
との言葉を残して・・・・・。


長男と共に、BOOKOFFに通った今年の冬休み。
長男の目が、海外に向いてることを確信した冬休み。
家族6人で、トランプで盛り上がった冬休み。
本ばかり読んだ、ヲタク母の冬休み。

そして、次男との関係に、やわらかな陽が射したような気がする冬休み・・・・・・でした!!!





にほんブログ村

頑張れよーーーー!!













プロフィール

Author:こぶりんぼ
毎日毎日、B'zをBGMに4人の男の子を育てています。
育児は好きですが、家事は苦手。

よろしくお願いします☆

最新記事

最新コメント

カテゴリ

フリーエリア

リンク

フリーエリア

にほんブログ村 子育てブログ 子だくさんへ
にほんブログ村

フリーエリア

にほんブログ村 子育てブログ 子だくさんへ
にほんブログ村

フリーエリア

フリーエリア