若者の、いろいろ離れ。

冬休みも佳境に入ってまいりマスタ!
こちら地方。
来たわ!本格的な冬が!来ちゃったッ!


さぶ~~~

早速昨日、運転中、3回ほどスリップしました。
ツルッツルに凍った坂道と。ツルッツルに凍った曲がり角での話。
皆様も、お気をつけあそばせませ!!!


昨日は。

大学1年の長男が帰省しまして♡、我が家に久しぶりに6人が揃いました!
5人分の夕飯を作ることに慣れてた私は。
「6人分って、どんなもん?」
と、分からなくなり・・・、結果、昨夜は、10人分くらいの夕飯が完成した次第です。


前回、夏に帰省したときは、ブロッコリーのような髪型で現れた長男・・・。
オシャレに関心のない彼は、東京では一度も床屋に行ってないとの事でした。


ところが!!
にゃんと!
昨日現れた長男が・・・・・・。
素敵な髪型してんでないッ!?
な~~~んか、羽生君のような、いい感じの髪型してんでない?

いんやーーー。
さーすが、都会は違うべさ。
あんらー、都会的な髪型だごどォ~~。
あいんやー。
おばちゃん、びっぐらしたっけもん~~。


寮の近くに床屋を見つけたということらしいのです。
ちょっと嬉しい、ちょっと寂しい、そんな風が吹きました。




そして!
昨日は、それと共に。
6年三男の、小学校生活最後のバスケットの公式大会がありまして。
三男のチームはなかなかいいところまで進んだものの、最後には負けてしまい。
久しぶりに見ました・・・・・、三男の号泣姿!!


でもね。
なかなか、一つの大きな壁を乗り越えられずにもがいていた三男が・・・。
昨日の最後の試合の、終了1分前くらいでしょうか。

相手のゴール下で受け取ったボールを、一人でドリブルで速攻かけ、次々とディフェンスを抜いて、最後に自ゴール下でフェイクをかけて敵を抜いての、レイアップシュート!!!
入った―――ッ\(^o^)/!



という、思い出に残るファインプレイを見ることができました

たった一度の、会心のプレイ。
たった一度の、鮮やかな姿。


この一本だけのために、ずーっと毎日、暑い日も寒い日も、練習を重ねてきたんだと、そう思えるような一瞬でした♡





ところで!!
話はすっごく変わりますが・・・。

S・Wについて・・・・。
シルバーウィークじゃなくってさ。
スターのウォーズのことよ☆


今、小3末っ子が、スターウォーズにどハマりしています。
フィギュアを集め、武器を片手に、ウンチクを語ります。
金曜ロードショーを録画したものを毎日見ては、楽しんでいます。
サンタさんにも、SW関係グッズをいただきまして。


夫も、昔っからの熱心なファンのようで。
なかなか盛り上がっております。

小6三男は、脳内の95%くらいはバスケなヲトコ。
でもまあ、弟や父親に合わせて、それなりにワクワクしています。


・・・・・ワタスは・・・・
世間の皆様すんません
無理だわ
私は映画は好きですが、SFと、戦い物は、無理なんよ
だからもう、スターウォーズ的なものは・・・・
あ、ちなみに、ハリウッド物も、ディズニ―ものも、無理やわ~~~~。
巨額のカネ使って、何してまんねん!!、という怒りすら湧き起ってしまう私は、昔っから夫には、メンドクサイ人間認定を受けています。
イヤガラれてます。すんません


私はきっと、かなりのへそ曲がりなのかしらん。
でも、AKBも好きだし、お笑いも好きだしさ。真央ちゃんも澤ちゃんも応援してるしさ。
いつでも世間に反旗を翻してるワケでもないんよ。
単なる個人的な好みによるものっすよ!!




まあとにかくそんなワケで。


私は夫にお願いしたのです。

「子供たちを、スターウォーズ観に、映画館に連れてってあげてくれない?
あ、アタシ
・・・・ごめん!!
留守番してるわッ」
と。

で、行く日を決めまして。
三男と、末っ子は、すっごく楽しみにしています。



んで。
高2次男も誘ったんすよ。


そんだら。
次男:「え?
いや、俺はスターウォーズは・・・興味ないな~~。
ハリーポッターなら観たいけど。」

私:「ハリーポッターも、今やってんの!?」

次男:「いや。やってない。」


おおおお~~~
公開中のスターウォーズよりも、未知なるハリーかよ~~~。
わかるよ~~~。うんうん。同意見じゃわ。
でもさ、オバサンである私と、若者であるキミが、同意見である必要もない気もするよ。うん。

ちなみに。
ハリーの新作は、来年の11月に出るらしい。



というワケで。
我が家に、ワタシ派(無関心派)一名追加。


で。
昨日、帰省してきた大1長男にも聞きました。

私:「もしも予定とかなかったら、スターウォーズ観に行く?」

長男:「いや~~~。
特に予定はないけど、スターウォーズは、全く興味ないな~~~。
んんん~~~~、いいや。
万が一、31日までに興味が出たら、連れてって。」

・・・・・・興味・・・・、出るかな?
残り時間、3日ッ!!
夏には喜んで、「バケモノの子」なら観に行った長男でしたが・・・・。


というワケで。
我が家に無関心派、更に1名追加なりました!


その後、長男次男は、末っ子の、終わらないSWウンチクに、耳は傾けてくれました。




こ・・・これは・・・・
も・・・・もしや、若者のスターウォーズ離れッ!?
と思いましたが。
そうでもないようです。
我が家の特徴でしょうか・・・・・・?
チビ&オッサンが、盛り上がっております💛

私も鬼じゃないので、盛り上がってる姿を見ること自体は、大好きですわ💛
てゆうか、むしろ、息子たちは当然そういうのが好きだと思ってたので、ちょっと、かあちゃん、驚いちゃったわ。





そうそう!

昨日は、長男と、こんな驚きの会話もありました!!

長男:「そろそろさー。
友達が結構、自動車学校に通ってるヒト増えてきた。
俺も行った方がいいかな?」

そう聞かれたら、どんな母でも、
「まあ♪、うちの子も運転したいお年頃なのねッ!」
と、思うよねーーーー?


もつろん。
私もそう思いました。

私:「どこで、いつごろ取るのがいいか、お父さん帰ってきたら相談してみようか?」
と、言ったところ。



にゃんと!意外な答えがッ!!

長男:「やっぱ、取らなきゃダメ?」

ですとよ~~~

ハイ?
取りたいんじゃないの~~~

私:「いや、ダメってことは全然ないさ。取りたければ協力するよってだけのハナシ。取りたくないの?」


長男:「なんかさーー。
車の免許を持つことに、なんのメリットも感じないんだよね。
時間の無駄ってゆーか。」


ですと


うん。
取らなくていいよ。
うん。
いいと思うよ、ワタスは。
でも、母ちゃんちょっと、驚いちゃったわ。







そんなワケで。

我が家限定だとは思うのですが・・・・・。

『若者の、SW離れ』

『若者の、車離れ』

を、この数日で実感しております。


私なりの印象としまして。
スターウォーズにも、車にも興味のない若者は、結婚にも興味なさそうな気がするわーーーーー
な~~~んとなくね。
ガッツ不足?て感じ???



はああああ。
心配だわ




にほんブログ村




スポンサーサイト

バクマン。に関する作文に関するコメントに関する感想。

※本日、映画『バクマン。』ネタバレです。











先日ですね。
小6三男と、小3末っ子を連れて、『バクマン。』観てきたんですよ♡
ブロトモ様の記事を読んで、
「面白そう!ヾ(o´∀`o)ノ!」
と思ったものですから♪


私自身はね。
ネタバレ記事って大好きなんです。
だって、それ読んで初めて興味持ったりもするんですよね。
ストーリーも感想も聞いて初めて、
「おや?これはおもしろそうではないか?」
とね♡




んで。
私も・・・・感想を一言。




超絶おもろかったー(((o(*゚▽゚*)o)))





今日は、そんな映画体験を、末っ子の作文にてご紹介したいと思いますわ💛オホホ💛


キッタネー作文(前半)



img018_convert_20151026092602.jpg


あらッ

汚すぎのせいかしら。
スキャンの性能のせいかしら・・・・
読めん

では、清書を・・・・・おほほ。
あ。
読みにくいので、随時、漢字に直し、改行、句読点等調整し、読みやすくしてご提供いたしますわ💛
おほほ。
うちの子まだ赤ちゃんなもので(^_^;)







面白かったバクマン。

火曜日に僕は、109シネマズ○○に行って、「バクマン。」という、実写化した映画を、お母さんとお兄ちゃんで見に行きました。
その映画は、2人の高校生が2人で漫画家を目指すドラマです。
その映画は、漫画もあって、お母さんが突然、
「映画のバクマン。、すごく面白いらしいから、観に行こう!」
と言ったので、火曜日の午後観に行くことになりました。

いつもはムービックスの映画館に行くけど、この前は、109の映画館に行きました。

僕は、映画館で、フライドポテトと、チョコ味のチュロスを買いました。
母さんが、
「飲み物は、いいところでトイレに行くから、ダメ。」
と言いました。
食べ物を運ぶとき、チュロスの粉がこぼれて、大変なことになりました。
お手拭きがあったので良かったです。

僕の席は、結構前の方で、E-15でした。

バクマン。は、絵を描くのがうまいけど、文章を書くのが苦手なサイコーと言う人と、文章を書くのがうまいけど絵が下手な人が2人で漫画家になります。
それから、「いなずまえいじ」という人と、読者アンケートで先に一位を取った方が勝ちというバトルをします。

そのいなずまえいじは、絵の天才で、いつも二位ばかりを取っていてすごい人で、それで、最終的にサイコー達が勝ちます。

それで、高校の卒業式で、ずーっと漫画を描き続けたサイコーたちは、学校に通わないで漫画を描いていて、卒業式の時に2人で教室にいて、終わります。

バクマン。を観て、「漫画家はこんなに大変なんだ」とわかりました。
すごく面白かったです。





いかがでしょうか!!??



母親の強引さ。
買った食べ物についての観察力。
映画の途中でトイレに行くことの罪深さ。
座席の具体的な番号。

等の網羅された、この素敵な作文!





ただね。
たぶん2人は学校には通ってたよね
授業中寝てたけどね。
新たなストーリーがひらめいたのも学校だしね。







ちなみに。
我が末っ子の担任は、作文に厳しいんですよーーーー。
かつては、何時間もかけて書いた、「避難訓練」の作文に、
辛口コメント、およびB判定
を残してくれた、毒舌先生なんです。

作文の記事コチラ→





そ!!!
それがどうでしょう!!!



このバクマン。の作文は、まず

A判定

をいただいてておりますわーーーーー♪

で、先生のコメント・・・・・。




キッタネー作文(後半)及び、先生コメント↓

img019_convert_20151026090248.jpgimg018_convert_20151026092602.jpg




バクマンは、マンガ家になりたい人は、さいコーーー

ってセンセイ!!
アツすぎるコメント、ありがとう!!
Aが二か所。
二重丸も2つついてましたわ


「さいコー」って・・・・・。
先生、ひらがなとカタカナ混じってますが・・・・・ッ!

で、もしや
もしやですが。
「午後」の「午」の字を、わざわざ、「牛」に、直していらっしゃられられ?????
それともどうなの??
この辺の事情はよくわからん・・・・。が・・・。




せんせーーーーいw(゚o゚)w!!!
好きにならざるを得ない。
好きにならずにいられない♪。お目にかかれて♪


私ね。
こういう、とっ散らかってるヒト、すき♡
んもう、ワケわかんない
興奮野郎は、大好物さ!!!!


映画か漫画かはわからんけども。
先生も、大好きなんすねーーーー?、バクマン。。
語り合いたかったんねーーーきっと。
もしかしてだけどーーー。
奥さんとかに、「興味ない」とか言われて、バクマン。の面白さを語り合える相手を求めてたんじゃないのーーー?
ぐふふ






あ。
そうそう。
バクマン。では、佐藤健にも、惚れる




にほんブログ村
好きさ―――



バケモノの子を、観てきたよ・・・・だいぶ前だけど。

そんなこんなで・・・。
今、自分の過去記事と格闘しておりましたわ~~。

いくつかは早々に復活したよん。
着々よ~~~




しっかし・・・

まいっちゃうね。
恥ずかしいもんどすなぁ~~。



んで。
これからも恥を増産してゆくとゆうね。

「生きるということは、日々恥を産み出してゆく行為である」
という哲学者の言葉があった気がするわ。
・・・・・というのはウソですが。


まあ、恥ずかしいのは当然として、
でもでも!
それ以上に、懐かしいったら懐かしいったら!!
自分じゃなくて、息子らがね。



うわーーーお。

って思ったわーーーー。





ところで!!

夏休み中のことですが。

「映画に行こう!」
という案が出ましたよ~~。

「ミニオンズ」を見たい末っ子と、「ミッション・インポッシブル」が見たい夫が、あっさり敗北宣言。
長男と三男の一声にて、


バケモノの子


に決定しましたわ~~~。


以下、「バケモノの子」についての、感想。
 (微妙な感想なので、大ファンの方、要注意☆)  






















今や、かつてのジブリのような位置づけなの?
この細田監督の作品というものは・・・・。
国民みんなが楽しみに次回作を待つような・・・・。

ジブリでも感じたのだけど。
今回も感じたんだけど。

こういう映画って。。。。。子供向けに作られてるん?大人向けに作られてるん?
どっちなのでしょうか?
気になるのよ~~~~~



だってね、だってね。
例えば、以前、「妖怪ウォッチ」の映画に行ったんだけどね。
こういう場合、悩みはなかったですよね。

「私はあくまでも、引率者。
子供の喜ぶ顔だけを見に来たわ。
ジバニャンとか、どうでもよろしいわ。」
という、ゆるぎない自信を持って臨むので。


ガッカリとか、面白くないとか言う感想は、絶対に出てこない。
むしろ、
「おお。
意外と楽しめたぜ、ラッキー☆」
と、思うわ~~~。
マジで面白いですよ~~~妖怪ウォッチは!




ところがですよね~~~。



ジブリもそうだったけど、この細田監督と言う方の作品も。
「子供向け」
とは言い切れないんでしょ?



子供も。
高校生も、大学生も。
中年おじさんも、中年おばさんも。
オタクな方もスポーツマンも。


み~~~~んなが、ワクワクして待ってるという映画は、実に実に、作成が難しいでしょうなぁ~~。
やはり。
焦点を絞り切るというのは、至難の業であろうね。


私だって、相当楽しみにしてたもの~~。

それゆえ。
評価も厳しくなってしまうという、悲しい結果に。

コレ。
「単なる引率よ~~~」
と思っていったらば、超ド級に面白かったに違いないッ!!!!!



だけど。
めっちゃ楽しみにしてたからこそ。
むむむ?
これで終わりッ!?
もーちょい深く!
もーちょい、そこんとこ、掘り下げてクダサ~イ!
お願いしますぜ~~~~~💦


・・・・・と、思っちまった・・・・・。



すまん・・・・・







「父と子の絆」
的なものがテーマだと聞いてはいましたが。

子供の目線で、父の愛や教えを求め、父を乗り越えてゆく方向なのか?
父の目線で、息子の成長を見つめる方向なのか?
第三者が、双方を微笑ましく眺めてる図なのか?


なんとなく、混在し、迷走しているように感じてしまったわ~~。

そりゃあ、するよね。
大人にも子供にも青年にも訴えかけてくるストーリーなんて、難しいだろうよ。


オラには無理だわ。
考え付かない。





面白かった?
と聞かれれば、
「面白かったよ!!!!」
と答えますけどもね!!!
いや実際、おもしろかった!



圧巻は、映像美だね。
クジラの様子や、渋谷の街など。
それはそれは素晴らしいモノでした。







映画と言えば・・・。
映画館に行くと、やはり、どうしても、ポップコーンやポテト等と共に、飲み物を買ってしまいますよね~~。
あれがね。
困るんよね~~~~



毎回!
毎回、クライマックス!!!な場面で、耳元から聞こえる、
「ママ! 
 おしっこ!」
のささやき・・・・。
今まで何度この罠にハマったことでしょう・・・・・


待って!
もうちょい待って!!!!

と待たせると、3分後くらいに耳元から聞こえる
「漏れそう・・・・・💦」
のささやき!!!




だからこそ。
今回は飲ませないぞ~~~と思ったんだけども。
猛暑の夏の日ゆえ、やはり、飲ませたい。
結局飲ませたわ。

で、やっぱ今回も。
耳元のささやき来ました~~~~~💦




でもね。
子供が大きくなるっていいですね。
「我慢!」
と言えば、我慢できるんですもの。


結局我慢し通したのよ!
我が家の末っ子。
えらい!!!
偉かったよ~~~




と言う我が家の、この夏の映画鑑賞会でした・・・・。
改めて、末っ子の膀胱の成長を感じた次第です。



ただし!!!
ただし、参加者は、父母及び息子3名。
一匹足りん!!


問題:さて、置いて行かれた悲しき息子は誰でしょう?



オホホ~~~
次男ごめんよ~~~~
ホラあなた、合宿や遠征で、忙しそうだったから・・・・・


でもね。
映画館を出る時思ったわ。
コレ。
次男が一番好きそうな映画だわ・・・・・と・・・(涙)。



にほんブログ村 子育てブログ 子だくさんへ
にほんブログ村













妖怪ウォッチの映画を見てきたわ。

こんばんは


皆様、体調不良な私ら夫婦に、優しいお言葉の数々、ありがとうでした(涙)
感激でございまする。
お陰様で私は復活。
夫は上昇中ながら、まだまだ休息が必要に見えます、私には。
傷ついた戦士・・・・
  (で、私がマドンナで?ララバイ??)


しかしですね。
私、体調は不良でしたが。
考えて見ますれば、息子は不良ではないのですわ。(←どーでもいいけど)
もうホント、それだけで、充分幸せやね~~~。

地味でもっさりしてますけども。
真面目に生きてるん
今思えば、昭和の世界は、不良は多かったよね~~



さてさて。
昨日まで、私、体調不良を理由に、引きこもり生活してましたわ~~♡
引きこもり、サイコー。
私はホントに、そういう暮らしが大好きなんですわ~~。



しかしッ!!
本日、活動を開始いたしました!!
久しぶりのお出かけよ~~~☆(疲れた・・・)



・・・・・とはいっても。
お仕事始めだったみなさんごめんなさいね
私、お仕事はまだ、始まらないんす


今日はね。
息子2人と、息子のお友達を連れて、映画館へ行ってきたんです~~~~ッ!!

見た映画?
ええ、もちろんろん。
子供らのアイドル、
妖怪ウォッチ
よ~~~~~ん♪


ネタバレはしませんが。
感想をいくつか。




感想1:妖怪ウォッチ、おもろーーい!!


もともと、TVで見てても面白くて気に入ってました
映画も面白かったわ~~



思い起こしてみますれば。

長男は、ウルトラマンコスモスにハマったものでした。
ウルトラマンは、既に完成された美学が構築されており、抜群の安定感だったわ!!
長い年月をかけて先人たちが築き上げた様式美。

そしてまた、昭和のウルトラマンと比較すると、ティガ以降のウルトラマンたちの、格別の美しさ。

若き母親だった私は、その安定感と美しさとにホレボレしましたわ~~。
歴代ウルトラマン、順番に言えたものだったわ。
長男も、私も!


しかし、もう、すべて忘却したわ!
私も長男も!



そして。
次男は、完璧に、ポケモン野郎でございました。

実は我が家は、4人とも、ゲーム機を買い与えない子育てをしてるんすよ
だもんで。
ポケモン野郎とはいっても、ゲームで楽しむことは、次男はできなかったっす。
TVで見る。
図鑑で全種覚える。
あとはひたすら、絵を描いていましたわ~~。
次男は、絵力を、ポケモンで磨いたと思うわッ!

毎日毎日、ポケモンの絵をひたすら描いてたものですわ~~。

私も、あの頃は、たぶんだけど、全種言えたわ・・・
だって毎日ポケモン図鑑読んでたもん!!


お気に入りは、ムサシ。
・・・ってこれはポケモンじゃないっすね
魅力あふれる敵キャラっす


今じゃ、全て、忘却!!
いや
全てではないか。
ライチュウとか、カイオーガとか、いくつか覚えてるかも



そしてですね。
三男は、車にハマってたんよ~~
一時期は、道行く車の車種、ほとんど言えたと思うわ・・・!!

これには夫が喜んだっけ
しょっちゅう、ミニカーを買ってきたり、ラジコン買い与えたりしてたっけな~~。

今じゃ、な~~~~んも、覚えてないっすね、三男。



そして、末っ子。。。。

末っ子の世代の流行りものって、なぜでしょう。面白いんよね。

幼稚園の頃が、こびと図鑑。
あれは、大人から見ても面白かったわ~~
その後、なめこ。
なめこも、非常に面白かった~~~

そんで最近の妖怪ウォッチブーム。
末っ子激ハマりですわ。
これも本当に面白い


末っ子ももちろん、ゲーム機は持たせてないので。
ゲーム的楽しみ方はできてないんだけども。

それでも、おもちゃや、映画やTVで楽しむだけでも、充分楽しいッ!!!

親世代をも楽しませようという工夫が、ビンビン伝わってきたわ~~、今日の映画からも!



という感じで。
息子ら4人のハマったモノ歴史を思い出して、懐かしさに浸っちゃう気分でしたわ~~。

みんなそれぞれ、様々なものにハマったものよのぅ~~。
個性と時代との、一期一会な巡り合いよね、これも。






感想2:会場のノリが、メッチャよかった。

ゲラゲラポッポの歌に合わせて、映画館内のチビたち、たぶん100人くらいが、
踊る!!
騒ぐ!!
笑う!!
歌う!!!

賑やか~~~~♡
かわいーーー♡


実はですね。
今日の映画館・・・・。

先日の、
『稲葉浩志ソロライブ・en-ball・ライブビューイング』
の会場と同じ映画館だったんすけど。

稲葉さんライブビューイングの時よりも。
今日のゲラゲラポッポの時の映画館のちびちゃんたちの方が、
ずっと、ノリが良かったーーーーッ


なんかすごく悔しい
ナゼ・・・・・






感想3:映画終了後の映画館が、汚すぎたッ!!

映画が終わって、明るくなって、外に出ようと歩き始めたら。。。。。

こぼれたポップコーン。
こぼれた飲み物。
等々。
会場中、ぐっちゃぐちゃ~~~

きったねーーーッ!

上映後の映画館の汚さにおいて、
私が生きてきて、今まで見た中で、ぶっちぎりの第一位でしたわッ!!

「汚すのは、うちの子だけじゃなかったのね。」
という、妙な安心感と、連帯感・・・・・💛


それにしても、足の踏み場もないほどのこぼれモノ。

・・・・こ、、、これは。妖怪のシワザッ






な~~んてゆうことをしみじみ感じた、映画鑑賞会でした。


楽しかったわ~~~~♪


親の病気でつまんない冬を送ってた息子らに、やっと楽しい思いをさせてやれたわ。
ほッ!!!




ではでは皆様。
お休みなさいませ~~~~








にほんブログ村 子育てブログ 子だくさんへ
にほんブログ村

稲:「TV出演が、ちょっと楽しくなってきたんすよ、最近。やっと慣れたのかな?」
松:「それって、妖怪のシワザじゃないの?」











愛って?(アナ雪で感じたコト)

※アナと雪の女王に関する記述です。
ネタバレもあるし。
あ、しかも、書いてたら、怒りでいっぱいな文になっちまいました。
アナと雪の女王に感動し、大切に思ってる方、読まない方がいいです~~!!
ゴメンなさいね





先日、「アナと雪の女王」を見て、
「実は、私は、楽しめなかった。。。。」
と、恐る恐る告白したら、数名の方に共感をいただき、ホッとしました。


もちろん、「大感動♡」と思った多くの方には不愉快な思いをさせてしまっただろうな。。。
と思いつつ、今日は、そのことに関して語ってみたい。



歌。
すんばらしかった。
松たかこ、ブラボー☆

映像。
すんばらしかった。
映像関係者、ブラボー☆

この2つが素晴らしいだけでも充分だとは思うのだけれど。




私にはどうしても、納得のいかないストーリー展開があったのですわ。


「全てを凍らせてしまう恐ろしい能力を持ってしまったがゆえに、孤独に生きる姉。
姉を救おうとする妹の体を、ある日、姉の暴走した能力が、凍らせてしまう!!
妹は死ぬの?
しかし、その妹の愛が、姉を、その恐ろしい運命から解放したのだッ!
姉は、妹の愛によって、その能力を自分の力でコントロールできるようになり、妹も元気になりました♡」


的な部分が、このお話の感動のツボ部分かなと思う。

妹が、姉によって凍ってしまった場面がたぶん、一番のクライマックスシーンじゃないかな、と。。。。


で。
私が最も憤りを感じたのも、実はこの場面。


だって。
妹は、最初っから姉を深く愛していたんだもの。
じゃれあって育った幼い日から、2人は姉妹として、深く深く愛し合っていたはずだ。



男女の出会いであれば、それまで愛してなかった相手を、ふとした瞬間に深く愛するというコトは、当然あると思う。
姉妹であっても、何かの理由で憎み合ってた姉妹が、あるきっかけで和解するってコトはあるだろう。



でも、この映画の場合、妹と姉は、もともと愛し合って、大事に思い合っていたのだ。



「妹の愛が、姉を救った。」
と言うならば、なぜあの瞬間まで、姉は救われなかったのか?
ずっとずっと前から、妹は姉を愛していたのに。。。。



子供の頃から姉に対して持っていた「愛情」では、どうして姉を救えなかったのか?
何が足りなかったの?



そう考えてゆくと。
姉を救ったのは、「妹の愛」ではない。
ということが分かる。


じゃあ、何なのか???





あのクライマックスシーンにに炸裂したのは、「愛」じゃなくて、「犠牲」ではないだろうか。


もともと姉を愛していた妹が。
その愛ゆえに、
「犠牲」
となった姿。
それが、あの、凍りついてしまったアナの姿では?



そう感じ、私は、激しい憤りを感じるのだ



「愛」は素晴らしい。

だからと言って。
「犠牲」
を求めるの?

相手の「犠牲」
にならなければ、愛は証明されないのか?



ディズニーという、子供に夢を売る立場の映画が伝えてるコトが。
「愛は素晴らしい」
じゃなくて、
「愛してるなら、犠牲になれ。犠牲となって初めて、その愛は伝わるのだ。」
とゆうメッセージに、なっちゃってる。



正直言って。
「つまらなかった」
と言う感想では済まされないような怒りを、感じてしまったの、私は

「愛しているなら、相手のために犠牲になる覚悟を持て。」
という、非常にエゴイスティクな、キタないメッセージだと、私は思う。


子供に。
若者に。
そんなメッセージを、与えてはいけない。

しかも。
ストレートにじゃなくて、
「愛はステキ」という、キレイゴトに上手に隠して。。。




愛が、姉を救うというなら。
幼い日に既に、姉は救われてなければならなかった。

それじゃあ、映画が成り立たないというなら。
ストーリーそのものに、最初からムリがあるということだろう。



相手の犠牲になったり、相手を犠牲にしたり。
それは愛とは違うと、私は思う。



「犠牲」になることを「美しいコト」としてそれとなく「推奨」するのは、やめませんか?

それは、現実の中で、何かの「犠牲」になって苦しんでる多くの人を、踏みにじる発想ではないか、と、思うのです。


おひとり様で「風立ちぬ」、ブラボー!

  ※「風立ちぬ」ネタバレちょっとある…かな?

生まれて初めて、
「おひとり様映画」
を楽しんできたよ~

40代後半ともなると、なかなか
「初めてのコトにチャレンジ」
って機会は、減るよね

初めての状況が「降りかかってくる」コトは、多々ありますが…

もちろん、「やったことのないコト
はいっぱいあって、
やってみたいコト
もいっぱいあるんだけど…。
でも、気付くと毎日、おんなじことに繰り返しになっちゃってる…。



私はね、気付いてみると、一人で映画って観たことなかったよ、今まで。
友達と、彼氏と、子供たちと、という機会はあっても。
一人で行きたいほど「観たい!」と思った映画も、なかったのかな~~もしかして。




こんな小さなことだけど、初めての
「おひとり様映画」
は、楽しかったな~~。
夏休み明けの平日だったから空いてたしね。

観て来たのは
「風立ちぬ」
だよ~~ん。

ジブリとはいえ、今回はお子様向きじゃないようだし、息子らには見せなくてもいいかな、と思ってた。
私も別に、いいや。
って思ってた。

でも。
月曜日のNHKの「プロフェッショナル」を見て、急に、
「やっぱり、風立ちぬ、観よう!!」
と決めたのでした

で、お初のおひとり様映画に挑戦したわけよ。


すっごく良かったわ~~
映画も、「1人」という状況も。


この映画に関しては、観る前から、賛否両論色々聞いてて、情報過多だったけど。
それでも見て良かったな~。
私的には、ジブリでは「千と千尋」と、今回の「風立ちぬ」が好きかな、と思ったよ。


理由は、色々あるけれど。
理由の一つに、
『主人公と、うちの長男が、なんか、似てる…』
というのがある。

主人公の方が長男よりイケメンだし、おとぼけ具合がナイスだけれど。
でも、理系のオトコって、あんな感じなんだよね~~。
何を考えてるか、よくわからないというか…
淡々としてると言うか…
我が家の理系男子と、共通点多々あり。
ゆえに、泣ける。


他にも、「感動の押し売りがない」というのが、気に入った理由。

主人公が、誰かのために献身したり、犠牲になったり、悲しいほど苦悩したり、というようなストーリーは、分かりやすくて感動しやすい。(例えばナウシカ)

でも、今回の作品は、たぶん、意識的にそこを外してる。
どうすれば『大感動』を呼べるかなど、巨匠だもの、100%分かってると思う。
でも、安易にそこに逃げずに、挑戦したんだと思う。

喜怒哀楽を大袈裟に伝えて観客を泣かせるより、一人の人間の「働く姿」と「静かな覚悟」を淡々と描く、というコトへの挑戦かな。
そう感じたよ、私はね。

そんなこんなで、色々学んだ。
まだ、考えはまとまらないくらいだよ。


そ・し・て
1人は本当にいいね~~
気も使わないし、余計な出費も、余計な時間もかからないし。

「おひとり様」という言葉を流行らせたのは、上野千鶴子さんだったかしら…?。
なんてステキな語を普及させてくれたのでしょうね~~。
上野先生、ありがとう~~。



赤ちゃんオンブしながらベビーカー押しながら、走り回る幼児を追いかけていた日々を思うと、マジで、泣けてくる。

私、優雅…
1人で、映画館で、足なんか組んじゃって。
ミルクティーなんか飲んじゃって。

宮崎駿と、堀越二郎と、堀辰雄…。
個性の違う3人の天才の織りなす世界に、浸れるなんて…。
優雅だわ~~~
幸せやわ~~~



子供とだったら、やっぱりうるさいし、何かと手がかかる。

友人とだと、「ランチして帰ろう」というコトになりそう。
それが楽しい時もあるけど、ちょっとめんどくさい時もある。

夫とだと、感想や意見があまりに違ってたりすると、それだけで、軽く夫婦喧嘩の原因にさえなりうる危険が潜む…。
なんで共感してくれないのよ、アタシの感じ方が、正しいのよっ
みたいにね。
うは、ヤな妻だわ~、私。   とほほ

やっぱり。
おひとり様、ブラボー♪

おほほ~~
また、行こう!!


プロフィール

こぶりんぼ

Author:こぶりんぼ
4人の男児の母です。
長男次男は大学進学のため、家を離れました。
残るは中学生一人、小学生一人。
B'zを溺愛する母の、日々の徒然です。
よろしくね。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

リンク


にほんブログ村

フリーエリア

リンク

フリーエリア

フリーエリア