息子の夢に、驚くMAY

過日。
溺れそうなほどの、怖いコメントの嵐に敗北し。
コメント欄を閉じてはみたものの、なかなか更新意欲も湧かないままに、もうすぐ5月も過ぎようとしています。

5月っていいよね。
なんかね。
素敵な月だよね。
ここからが、修行だよね。
梅雨。
真夏。
台風。
と、修行が来るもんなあ。
今が最高っすね。
MAY。
急に君が夢に出てきて焦るMAY。


この5月。
色んなことがあったよなぁ。
我が家にも、世の中にもヨォ~~~。


アメフトの反則問題を連日、テレビでもネットでもそりゃあ大騒ぎですけども。
私もそりゃあ、大学生2人の親ですけん。
もう、ハラハラドキドキしましてござる~~。

この一連の流れを見ていて。
実は一つ。
私の心に、大きく留まったことがあるのです。

それは何かといいますと。

ズバリ。
「弁護士」
についてですねん。


反則を犯してしまった子の会見を、私も見ました。
それはそれは素晴らしい会見でした。
思いがこもってるだけでなく。
理路整然。
謝罪の意と、事件の経緯とが明確に伝わりました。
その会見により、世論を味方につけることができたと思います。

そしてその陰(というか表ですけども)には、
「弁護士」
の大きな尽力があることは、本当に、明確に明確に伝わって来たよね。


・・・・・・ある日突然自分が事件の渦中の加害者になってしまう。
パニくる。
泣く。絶望する。
でもどうにかしたい。
でも、どうすりゃいい?
全くわからん。


・・・・・そんな時に、すべてに道筋をつけてくれて、指導してくれて、人権を守ってくれる。
それが弁護士の仕事というものなのだなぁ~~。



と、いうことが。
非常にわかりやすく分かった(←日本語な)会見でした。
大切な、重要な仕事であると、本当に画面を見ていて私は強く感じたわけでした。


そして。
その点において、私はどうしても涙腺が緩むべくして緩む、そんな5月ですたのでした。


なぜかと言いますとん。
あれは、5月の半ば。
母の日のことでした。


私の夫が、私の知らないところで、
「ママに手紙を書け」
とご指導して下さいましたようで。

私が風呂から上がると、小6息子と中3息子が、手紙をくれたのでした。
嬉しいものですよねえ~~。
そして。
反抗期もたけなわの中3息子の手紙は、こんなだったのでした。
ちょいと、記念に書き留めておこうかと思いますん。



あ。
ちなみに。
赤字で、私の心の声も付け加えときます。

読みにくかろう。
すまない。
私も書きにくいが。
しかし、そのようにしたいと思うのである。



お母さんへ

とうとう中学3年になりました。
この間の修学旅行で、自立の大変さを学びました。
修学旅行のたった3日間だけでも、衣服だのなんだの大変なのに、それを毎日こなすお母さんは(こなしてはいない。)  大変すばらしく、尊敬しています(私を尊敬すべき観点は、そこではない。B'zへの思いなどを尊敬していただきたいものである。)

そこで、これからの僕の意気込みを2つの観点から述べたいと思います。(理屈っぽいヲトコなんだ。彼。)

ベタかもしれませんが、やはり、中学3年生と言ったら「文武両道」というテーマが一番似合うと思います。
だから、「勉強」と「部活」に分けて話したいと思います。

部活について、思えばあと1か月で中総体がやってきてしまいます。(泣、頑張ったね、泣)
それまであと何回練習できるかわかりません。(泣、応援楽しかった。)
だから、一日一日の練習を大切にし、よく言われる○○が課題なので、中総体までに克服できるように全力で取り組みたいと思います。
自分が活躍できるかどうかじゃなくて、チームのためになれるかを意識して、頑張りたいと思います。(ママは、君の活躍だけを願うバカ親なんだ。ごめん。)


次に、勉強についてです。
自分はまだ受験生としての自覚がほとんどありませんが、泣いても笑ってもこれが最後の年なので、志望校はまだ完璧に決まってはいませんが、できるだけレベルの高いところで勉強できたらいいと思います。
だいたい気づいているとは思いますが、僕は、弁護士とか、そういった職業に就きたいと思っています。(驚。驚。驚!!)
だから、司法試験に合格できるように、恩を結果で返せればいいと思います。(少年が大志を抱いた!)

最後に、僕が大切にしていることは「やる気」です。
僕は精神論は嫌いですが、結局はそこに行きつくと思います。(またなんだか理屈っぽい)
やる気のないやつに何を教えても意味はないと思うからです。(同感)

なので、お母さんも、やる気は捨てないで(まさかの説教!)、 今はできる限り休養を取って、長く生きれることを願っています(母の日というより敬老の日モードだ

そして、今後ともご指導よろしくお願いします。
    ○○より




という手紙をいただいたのでした。


私ね。

超びっくりした。
弁護士なんて仕事を知ってることにも、目指してることにも、驚いたんだ。
全然知らなかった、
全くの予想外でした!



そしてね。
アメフトの会見見た時に、本当に大切な仕事だと実感しました。
弁護士がいなかったら、彼は、行き詰ってどうにも身動きできなくなってたと思う。
大事な仕事。
人を救う仕事。
そんなことを強く感じたのでした。

それに。
理屈っぽいタイプの真面目男であるところの三男には、似合ってる気もしたのです。

夢をかなえてほしい!
中3息子には、このまま真っ直ぐに、目指してほしい!
そう、母として願ったのでした。

もちろん。
弁護士になるには・・・・・。
かなりな進学校に行かなければ目指すことはできないよね。
かなりな進学校に行き。
法学部に進学し。
たとえ秀才な子でも、さらに、死に物狂いで勉強する必要があるよね。


ところがさ。
ここに大きな問題はありますねん。
大きな大きな問題。


が、が、
学力が・・・・・。
足りない(悲劇)!!!!!
三男ちゃんの学力がああああ。
寒い。
苦しい。
ヤバイ。


こんなに理屈っぽいくせに、学力が足りないとです(涙)
かなーーーーーり、足りないとです(嘆)
ヒ―――――ん(泣)



とりあえず。
私の、6月~2月の目標が定まりました。

①三男の学力を無理やり上げる。(偏差値15アップ作戦)
②三男の言う通り、「やる気」を捨てない。(ブログじゃんじゃん作戦)
③稲葉シャンに会う♡(家族でライブ作戦)


ほんとはさ。
ムズカシイよね。
親には何ができるでしょうね。

もちろん。
将来的に志望が変わってもいいのです。
全然違う人生歩んでも、良いのです。
挫折したっていいのです。

「中3の時に、弁護士目指して、勉強頑張った」
という時間と記憶と経験が大事かな、と。
そう思うんですわーーー。



私もやる気を捨てずに、駆け抜けたいと思います!




にほんブログ村
スポンサーサイト

腕時計放浪記

おはようございます!

最近、ナゼかなかなかB’z関係記事が書けないのは、ナゼなのでしょう・・・。
自分の胸に手を当ててじっと考えてみます。
うん。
たぶん、太りすぎたからじゃないかな??


太る→ストイックな稲葉さんに顔向けできない→こんな自分がB’zについて語る資格はあるのか?→そんな資格は俺にはない!→痩せよう、まず痩せよう→痩せたら稲葉さんについて熱く語ろう→おや?ナゼだ?ナゼますます太るのか?→ああ、稲葉さんゴメンなさい私にはあなたの名前を口にする権利すらないような気がするのです。→ああ、好きなのに。→まず痩せろや、話はそれからだ。


というような脳内堂々巡りの結果、私はなんだか、B’zについて語る勇気が持てずにいるのです。

ひいいいん(号泣)


悲しゅうございます。
目標→一日1キロ痩せて、20日で20キロ減。

という計画を立ててみました。




さて。


随分昔の話になりますが。
5か月ほど前の、お正月ごろ。


我が家の中3息子が、
「腕時計がない・・・・・」
と。

お誕生日にもらった、かっこいいG・SHOCKの腕時計なんす。
探しましたとも!
キレイに片付いた(ことのない)我が家のリビングや、整然とした(ことのない)和室。
爽やかな水色に統一され(るといいなと5年くらい考え続けて今に至ってしまっ)た子供部屋など。
ずいぶん探しましたが、出てきませんでした。


息子も。
なくしてしまったコトに引け目を感じているのか、あまり話題にも出そうとせず。
いつの間にか、私も、
「もしかして、間違って捨てちゃった?」
等の諦めの境地に至っておりました。


そのまま、腕時計を持たないタイプの男児として生きて来た息子ですが・・・。
先日、言うコトには、
「修学旅行は、時計が必要」
ですとッ!!??


おやまあ。
そりゃそうだわ。
中学生の修学旅行には、時計必要!!
YES!!!

と言うコトで、息子を連れて、まずはイオンというようなお店の時計売り場を訪れました。
そんだら!
一番安いので、6000円くらいだったでしょうか・・・・。

たっかッ!

お高い時計を紛失してしまった前科を持つ息子には、勿体のうございます。
私もそりゃあ、50数年生きてきた中で、なくした時計の数はおそらく2ケタ。
私の血を引く息子にGSHOCK等、元からぜいたくだったのですわ。

私はそのまま息子を連れて、ホームセンターに向かいました。
ホームセンターの、サービスカウンターの横には、980円、1980円、2980円等の腕時計が並んでいます。
息子には、
「一番安いヤツから選んでね、大丈夫、動くから。」
と、キッパリ伝え。
私達親子は、おニューの980円のかっこいい時計を購入して帰宅したのです。


んで!
帰宅後、私が言いましたよ。
「まあ、それも充分かっこいいよ。
G・SHOCKがもし見つかったら、もっとかっこいいけどね。
値段が違うから仕方ないね、今は我慢しなね?」
と、まあ、励ますと言いますか、慰めると言いますか・・・・・・。


そしたら!!

我が家の息子の口から、驚きの発言が飛び出したのですよ!!!

「G・SHOCKね、絶対、映画館で落とした。
12月29日に、スターウォーズ見に行った時(※私は行ってない)に、持ってった。
たぶんその時に、落としてきた。
ヒマだったからストップウォッチ機能で遊んだキオクがある。
帰ってきたら時計がなかった。」

ですとーーーーーーー!!!!!



ええええええええ~~~

5か月も経ってから!
初耳じゃ。
先に言って。
ねえ?
先に言って???
家中探したじゃん?
そして諦めたじゃん??
ねえ?
買っちゃったじゃん?新しいのね?
そりゃあ、980円だけっどもさ。
でもさ?
先に言って????

と思いましたけれども。
この子の気持ちもなんだか分かるん。
大事な時計だからこそ、なんだか、なくしてからあんまり話題に出せずにいたんだろう。
思い出しても、「今さら遅い」と思ってたんじゃろ。


ので。
私は息子を責めることは放棄して。
ソッコー、映画館に℡しました。
もう、夜でした。

そしたらさ。
「只今大変電話が込み合っています」
のアナウンス。

ウソだろう?
ネット予約のこの時代に。
映画館の電話が激混みなんて、ありえない。


と思ったけれども、諦め。
翌日の朝また℡。
今度は、「只今電話に出る時間ではない」的な留守電。
いやん。
映画館たら、しっかりしてちょうだい。



と思ったまま。
その日はその後、多忙に暮らしました。

夕方になり、息子の帰宅で思い出し。
もう一回映画館に℡しましたら、やっと出て来た~~
おにいさーーーん(泣)
ありがとう。
受話器とってくれてARIGATO----!!


んで。
かくかくしかじか。
「随分前なんですけど、調べてもらえますゥ~~?
最近になって息子が、映画館かも、とか言いだしたもんですからァ~~~」
等、息子に責任を押しつけつつ問い合わせました。

すると・・・・。


「確かに、昨年の12月29日に、男性用腕時計G・SHOCKのおとしものがありました。
こちらでの保管期間が過ぎましたので、〇〇警察に届けてありますので、そちらにお問い合わせください」

との説明。
マジか・・・・・。

ソッコ――。
〇〇警察に℡してみました。

かくかくしかじか。

「調べてみます。
折り返しお電話します。」


とのこと。
約30分後・・・・・・。


「お問い合わせの腕時計、確かに〇〇映画館よりお預かりしました。
が。
こちらの保管期間が3カ月でして。
4月4日までとなっておりました。
その期間が過ぎますと、こちらで処分させていただいております。

が。
処分する予定のものをまとめた箱を探しましたところ、一致する時計が見つかりました。
本来ですと、3カ月過ぎたものはお返ししないのですが。
たまたま、まだ処分前でしたので、お返しできますよ?」


とゆう説明でしたーーーーー


んで。
息子を連れて、バビューーンと飛び出し、受け取りに行ってきましたん。


でもね?
聞いてくれる??

我が家から映画館は、北へ30キロくらい・・・?
警察署はその映画館から北へ30キロくらい・・・・・?


ひいいいん
長旅でございました。


そしてはるばる。
60キロの距離と、5か月の時を超え。
私の息子の腕に、ヤツは帰って来たのでした。

♡おかえり\(^o^)/♡


DSC_0779.jpg


でもさ?
反抗期のナマイキ盛りの息子が一言。
こんなんコトを言うのです。
「遺失物係の人が、古いの廃棄する仕事、サボってたんだね」


うっるさいヽ(`ω´*)ノ彡☆!
オマエは黙って運命と映画館のお掃除係と警察署の遺失物係と母親に感謝しとけ。

いや、それより〇〇警察署のおとしもの担当の人、女性だったんだけど、警官って言うより、看護師って感じの人だったよなーー。
警官になるには、優し過ぎだぜ?
そんなにおとなしいと、イジメとかないかおばちゃん心配になっちゃうワ。


と、そんなことを考える私は、太り過ぎているからだろうか?




にほんブログ村


退職カオス

おはよう~~


昨日は、実に一年ぶりな感じで、学校から帰って来た息子らを、お家でお迎えしました。
最高に幸せな瞬間だったかなーーー。

もちろん、昨年度も何度かはあっただろうけど、のんびり感はなかったな。
息子が熱だして休んだとか、そういうワケアリの日ばっかりだったからね。


今朝も。。。。。。

いつもなら、息子よりも先に出勤。
「ストーブと電気消してね!」
など、あわただしくお願いをして、さきに出掛けてたん。

でも今朝は、私パジャマのまま、のーーーーーんびりお見送り。
これは本当に幸せですなぁ~~。


そんだらさ。
中3息子が、
「あれ?ママなんで・・・・・・?
あ!
そっか!
ママもうフリーターか~~~」
ですと~~。

いやいやいやいや。
フリーターちゃいますねん。
中3にもなって何を言うか。


「いや。フリーターではないよ」

息子
「あ~~~
こおゆうの、なんてゆうんだっけ?
専業・・・・・?
専業シェフ・・・?」


専業シェフ・・・・・・・・

いい響きだな。
それ、欲しい!!!!


昔っから、言い間違いの多いこんな男児であるところの三男も、なんとまあ、この春中3。
受験生となったのですよ。
やっと私の許可が出て、やっと、念願の塾にも通い始めたこの息子・・・・。
三男は、スットコドッコイながらも、真面目な奴で。
変にまじめに暮らしております。

私もね?
「ママが、何のために仕事辞めたか、わかる?
教育ママになるためです!!」

と、昨日宣言しました

本当か?ですって?

うそうそ。
大嘘よ。
ほんとは自分の限界、疲労。
もう、イヤなんです。
責任とか多忙とかきちんととかさ。
そういうのから逃げた。
ウハハ。
ごめん。


今年度は。

三男の受験と、末っ子のスポーツクラブと(この子キャプテンになりましたん)、長男の院試、そして実家の介護。
少し、家族に貢献しなきゃならん時期になりましたわね。
まずは、シッチャカメッチャカになってる家の中を、キレイにするのはムリでもさ、居場所空間を確保しなければならん。
タイヤ交換もしないと。
あれもしないとこれもしないと。
庭もボーボー。

てゆうか。
自分がボーボー


あああああ。

それよりなにより。
自分の忙しさにかまけて、御B'z様も、ほったらかし!
いろーーーーんんな素敵な企画があるというのに、ほったらかしてたわ・・・・。
私としたことが。
反省。


でもさ。

お金が。
お金がないのよね?
どうしよう?
おB'z活動するにも、カネがいるんじゃよ。
イイ男を見るには、カネが必要じゃわのゥ。


長男大学院に行くゆうとるし。
次男も県外の大学で頑張っとるし。
金じゃよ金。
どうしようかの~~~~~ゥ。
オラもやんなっちゃって、仕事辞めてもうたしの。



そんなこんな。

カオスな日々を脱し、別のカオスに突入じゃよ。


今日の格言。

人生是カオス。


まあ、人生こんな感じ。
ボクの場合は~~~♪


またね!


あ。
恐ろしくもキモイコメントは、削除しときますね。

あ。
でもなんか。
記念にちょっとだけ残しとくわ。
全部なくなるのもなんかさみしい






にほんブログ村


野球の日本シリーズと、母心。

先日。
プロ野球の日本シリーズが終わりましたねえ。
皆様は盛り上がりました??

ワタス??
ええ、けっこうね。
楽しみました。ええ。
応援していた方は負けちゃったけどね。



実はね。
私、若き日はプロ野球って、それはそれは苦手でした。
てゆうか、嫌いでした。
てゆうか、大嫌いでしたん実は。

何が面白いのか、まったくわからんかった。
野球そのものは、面白いのです、けっこう。
んだもんで、高校野球などは、非常に熱心にテレビで観戦しておったんす。

でも。
プロ野球は違ってた。
若かった私はそこに、カネとかドラッグとか陰謀的な何か(ドラフト桑田事件等)、及び、マンネリというものの匂いを感じ取り。
全く持って受け付けなかったものでした。

んで。
結婚後もまた、プロ野球に夢中になる夫という生きものがですね、まったくもって理解できず。
夫がテレビで野球観戦など夢中になりますと。
不機嫌になったものでした。

ナゼ?
ナゼこのようなものに夢中になれるのあなた。
あなたがワカラナイ!
私と野球どっちが大事なのッッキイイイイイーーーーーーッ!


というような。
ヒステリー妻であった自分を今、懐かしく思い出すのであります。
まあだいたい、30代半ばくらいまではこんな感じだった気がします。
おほほ。
全然可愛くないですな。
えへへ。



こんな私が。
20年後には、リビングでワイワイと、打った捕ったなんやかんやと、煎餅やアイスなど食べながら、笑顔で日本シリーズを見てるんですからね。
いやはや、本当に人間など、わからないものです。


なぜ。
なぜ、自分が変わったのかの理由は、明確ですよ。
ええ。
自分でもキッパリわかります。

私を変えたのは、息子たちですねん。


息子らがねえ。
好きなんですね、スポーツ観戦全般。
オトコとは、そのようなもののようですなぁ~~~。



今回で言えばまず。
我が家の小中学生息子らは。
プロ野球の仕組み、日本シリーズに至るまでの色々を、根掘り葉掘り夫に質問攻めにし。
DeNAとソフトバンクの戦いの意味や成り行きを理解したようでした。

その上で、
「お父さんはどっちを応援してるのか?」
を質問しておりましたっけ。
夫は今回は、DeNA応援しとりました。(理由:負けると思われるから)

と、途端に。
息子2人も熱烈なるDeNA応援団になり切りまして。
筒香やら誰やら選手を覚え、ルールも学び、めちゃめちゃ応援するではないですか

打ったの走ったのと、もうにぎやかな我が家でしたん。
勝った日には大騒ぎ♪
負けた日にも大騒ぎ♪
そんな日々でしたん。
末っ子など、勝負を見届けずに寝てしまった翌朝など、目覚めの最初の一声が、
「昨日どっち勝った?」
でしたから・・・・・・・。



んで。
母というものは不思議なもので。
夫が野球に夢中だったときには、何の理解も示さず。
冷たいまなざしで、
「毎年毎年同じようなゲームに、よくまあ夢中になれるザンス。
ヒマなのかしら?」
などと。
見下すかのような、最低最悪、人非人な反応だったくせに。


息子らが夢中になるとですね。
「え?筒香ってこの人?」
「え?ソフトバンクの監督って、工藤か~~♪」
「え?今、どっち勝ってるゥ?」
と。
まあどうしたことでしょう、ママも興味津々。
あらやだ楽しい!!
ガンバレDeNA!



と、なってしまうんです・・・・。

母とは不思議なイキモノですね。



その上。
一緒に盛り上がれる仲間ができるからもちろん、夫も楽しそう!
その上。
ウンチクも語れるから、夫ますます楽しそう!
やっと。
やっと仲間ができた夫の、生き生きとした笑顔!



こうして。
今年の日本シリーズ。
大変楽しませていただきつつ、幕を閉じまして。


それにしても。
子どもを育てるってね。
自分の中のいろんな冷たい部分があったまってゆく感じだな~~

などという感慨にふけってみたりする、最近の日々でしたん。





ちなみに。
色んな選手が登場するたびに。
我が家の中学生息子が、印象を語るのです。
「この人、優しそう」
「この人、オタクだよね絶対」
「この人、家で奥さん殴ってそう」(←!)
等々・・・・・・。
スポーツの楽しみ方も色々。



またね!





にほんブログ村

二人っきりの夜に。

こんばんは~~\(^o^)/
お元気でいらっしゃしますかん???


今日はね。

中学生と2人っきりの夜です♪

小学生は、山にお泊りに行きました。
な、なのに響く、雷の音
ひええええ~~~大丈夫か小学生群団よ!!

そして。
夫も、出張お泊り。
ええきっと仕事です。
浮気旅行???
そんな元気が彼にあるのなら、むしろ喜んであげたい、応援してあげたい、そんな不思議な気持ちです。
それほど、最近の夫は、疲れ、しなびているのです。

あああ。
私のこの、無駄な元気をあげたいけれど。

でもさ。
無駄に元気な夫というものを想像すると、かなり嫌なものですね。
やはり。
夫というものは、疲れてしなびて眠そうなくらいが、いいですね。
きっと、あの、麗しき稲葉王子も、自宅では、疲れてしなびて眠そうなことでしょう。
あああ。
目に浮かぶよォオオ~~~♡かわええよォオオ~~~


そういうワケで。
もともとは6人家族という、人口過密であったところの我が家が。
今日は2人家族という、過疎っぷり。

三男と2人っきりの夜など、そうそうあるもんじゃない。
ので。
二人で外食に行きましたん。
どこに行きたいか聞いたところ、ロイヤルホストに行きたいと。
ほほ~~~う。


んで。
2人で行ってきました、ロイホ。
息子のセレクトは、ステーキ。
うん。
そう来るね?
本当は400グラム食べさせてあげたかった。
でも、出来なかった。高すぎて
ファミレスなのに、お高いよね

で。
200グラムの肉で我慢してもらい、スープもサラダもつけずに我慢してもらい。
ライスはつけて、私のライスも分けてあげて。
私はカツ定食。

そうやって貧乏人がやっとの思いで、息子にステーキ食わしてやったわー。
しかし。
妥協に妥協を重ねても、二人で4000円越えとは、恐ろしきかなステーキ!



そ――して。

三男は、家に帰るなり、
「なんかちょっとハラ減ってる~」
と言いおった
おい~~~



・・・・と思ったけれど。
もしや、もしや。
やっと彼も成長期か!!??
そうなのか?💛?


このごろ。

小学生の弟に、色々追い抜かされそうな、やばい寒気が走り気味な、焦り感満載の中学生息子です。
身長も。
体重も。
精神年齢も。
知識量も。
なーーんだか色々抜かされそうな、ヤバイ兄貴。


でもさ。

どの子もそうだけど。
たまに2人っきりで過ごす時間って、いいですね。
いつもよりスコ――しだけ贅沢をして。
いつもの夜よりいっぱい話して。
そして、彼は寝ました。



そうそう。

三男は、部活の顧問の先生が嫌なんですね?
んで、色々文句を言うのですが。

先生のやったあることに対して、
「キモイ」
と言ったものですから。
「キモイ、っていうのはやめなさい。
いくら先生相手でも、それはイジメだよ?」
とキツク警告出しましたん。

そしたら、息子、
「いや。
いい意味で。
いい意味での、キモイだから」
ですってよッ!!??


えーーー、嘘ばっか!

イイワケがましい男よのう


その顧問の先生というのは。
3日間煮詰めたお茶の葉のような先生です。
渋くて苦くて茶色いが。
決して悪い奴ではない。
ただちょっと、飲みにくい




にほんブログ村

ナマイキ盛りの中学生息子と、B’z「ALONE」

先ほど。
私がご機嫌でB’zをガンガンにかけながら、食事の支度をしていたさ。
そしたら、気付かれないようにそーーっと、ボリュームを下げた奴がおる!


だれだ!?
出てこいッ!
父さんには、犯人はわかってるんだぞ
いや、間違った。
母さんにはわかってるのよ。

そう。
犯人は、この家の中にいる!!
母さん名探偵ですけん。


そして!
この家には今、母さんと、中2息子しかおらんのだ。
であるからして。
中2息子よ、さては、おまへだな?。


犯人が分かったもので、私は言いました。

「ちょっと~~~
勝手に小さくしないでよ~~~。」

と言いましたらば、なんて言ったと思います~~?


息子
「今さ――、電波時計の電波受信中だから、静かにしてくんない?」

ですってよーーーー


もう
プンスカ!

母さんが、な―にも知らないと思ってるな? ちくしょーう
音は電波の邪魔は、しないでしょうがーーーー
適当なコト言いおって。
許せんワ。


ふん
そっちより先に、こっちが反抗期に入りそうだワ、全く。


ホントにねぇ。
子供は、なーーにも、わかってくれない。
自分の価値観を、勝手に押し付けてくるだけじゃないのッ


そんな。
そんなイキサツの中。
くやしいので、もっと大きな音にしてやった、反抗期母でございます。
プンスカ

え?
更年期の間違いだろ?ですって?
そうねえ。
そうかもしらんねぇ。
なにしろワシも、50じゃわいのぅ。


ところで。
そんなナマイキな中2息子ですが・・・・・。

その後、
「ALONE」
が流れて来た時に。


「ああ~~
三男ちゃんは、昔、ALONEが大好きだったねぇ」
と、思ひ出に浸っちゃいましたらば。

息子
「え?
今も大好きだけど?
B’zの歌では一番好きだけど?
歌詞も曲も、最高じゃね?」

ッて言うのよーーーー
ヒーーーン

ちょっとママ感動しちゃうじゃないのよーーもうーーーー。
そうよそうよ、名曲よーーーー







ね?
素敵ですね。
稲葉さんの若々しい声で聞くとさ。
青年の夢とためらいと、寂しさとぬくもりとが、本当に痛いほど伝わってきますね。
なんだか、ヒリヒリ来ますね。




一方。
中年になってからの稲葉さんの「ALONE」はさ。
若者を励ますような。
いたわるような。
そっと応援するような。
そんな味わいがあるというものです♡



愛さずに、いられない。





さてそんな。
小憎らしい反抗期と、純粋な神童のような心の、両方を揺れ動く、微妙なお年頃な中2男子であるところの、我が家の三男です。

彼ってば。
この頃本当に、ナマイキになってきましたよ。
身長はまだ私を越せてないおチビさんです。
でもね。
ナマイキさは成長中。
一生懸命ナマイキになろうと背伸びしてる感じがまた、微笑ましいというか腹立たしいというか・・・・・。



でもね!!
子だくさん母であるところの私はもう、知ってしまったのです。
「息子を旅立たせる」
と言うコトの、大変さと嬉しさと、切なさを・・・・。


長男の旅立ち。
2年後の次男の旅立ち。
どちらも、大変で、バッタバタで、誇らしく、嬉しく、そして、寂しい切ないものでした。


だからね。
もう、今から目に浮かぶのです。
この三男との別れの瞬間が・・・・・(涙)


今はこんなカワイくも腹立たしい生意気クンも。
あと、5年。
あと5年経ったら、どこかに旅立つでしょう。


たった5年!
たったの5年。
この子はどこに行くのでしょう?
どんな夢を、追うのでしょう?


もちろん。
この子は、地元を選ぶかもしれない。
ずっと私のもとにいる可能性もある。

でも、いつでもどこへでも、見送れるように、母の方は準備をしていかなきゃならない。


5年後・・・・・
三男が、私のもとを巣立ったら・・・・。
私は「ALONE」を聞く度に、泣くでしょう。

人はみんな、1人です。
夢を見つけて、夢を追い始めたら、1人で行くしかない。
ALONE・・・・。

でも。
懐かしい思い出や。
巡り合えた人々。
故郷や恋。
そんなものたちが、若者を奮い立たせてくれるのかもしれないなと思う。


「誰もが胸の 奥によく似た 夕陽を持ってる」
今日はこの言葉が響きます。


みんな一人だけど。
でも、一人じゃない。
胸の中の夕陽は、きっと、大事な思い出、夢を見つけた青春の日々、無邪気だった少年時代。
きっと、みんな、同じような宝石を持ってる。


人は孤独だけど、孤独じゃない。
孤独じゃないけど、孤独。


三男は。
赤ちゃんの頃、天使のような子でした。
当時、なかなかうまく行かなかった私達夫婦は、その存在そのものに、この子の笑顔に、どんなに救ってもらったことか・・・・。



天使のような赤ちゃんが。
元気な少年になり、ナマイキな中学生になり。
やがて、夢を追う若者になる。


あああ。
三男との日々を、大事にしたいと、しみじみ思ってしまった、今日でした。




にほんブログ村

毒舌天使と帰省天使とダメウーマン。

皆様\(^o^)/
お元気??

ワタス??
あああ(涙)
ダメダメ。
全然、ダメです。


毎日毎日、失敗するためだけに生きている・・・・・。
そんな気がする、けふこのごろなり。

ああ

失敗して、恥かいて、慌ててパニクって、それゆえまた失敗して謝罪して、うなだれて、しょんぼりしてる間に、大事なこと忘れて、迷惑かけて謝罪して、元気をなくしてるうちに眠くなって、眠いからミスして、家に帰るまで夕飯のコト忘れてて、家に帰ったら冷蔵庫にはなんだか、昭和から眠ってたかのような古びたものしかなくて、ああ、何を食わせようか・・・・・、新聞紙の煮物・・・・・アハハ、さすがにそれはヤバいでしょう、じゃ、何を?卵かけご飯と油揚げ?・・・・・あああ、うちの子卵アレルギーだった。あああ、どうすっぺ?今から買い物?いやんめんどくさい。


・・・・・そんな日々を、送ってるわーーーーー
ええ。
送ってますとも!!
いけませんかッ??

・・・・・と、意味不明な逆ギレもしたくなるなり、法隆寺。

疲れると、暴走する文章。




さて。


そんな私に、ある日、こんなニュースが飛び込んできました。

「B’z 始動!!
あなたの町へ、会いにゆきます♡by松&稲」



あああ。
私のために、稲葉さんが立ちあがった(涙)

・・・・・・と思ったらさ。



無理でしたーーーーー
えーーーーーーーーん


日程的に、100%不可能でした。
私にも行けそうな場所の日程見てみたけれど、仕事が、そこは、ハードになる予定で・・・。
泊りがけになるかもわからん日々でしたーーーー

いなばしゃ~~~~~ん(涙)
せっかく私に会うために、ライブに来てくれるのに、ごめんねぇえええ(涙)


で。
日程を見て、ソッコー諦めた私は。
ついつい、近くにいた、中2息子に、泣きごとを言いました。

「ね~~え?
B’zがさ~~、〇〇に来るのに、ママ行けないわーーー。
悲しーーーーーー。
働くって、ツライね~~?」

って、同情と共感を求めたの。
私が欲しかったのは、同情と、共感。
それ以外のものは、いらねえ!!!!


そしたらば。
息子ったら、こう言いました。

「神様は見てるんだね」


えーーーーーッ
何それ、どうゆうコト??

息子いわく、
「ママは借りを返さなきゃいけない」
ですってよッ!?

ますますどおゆうコト??


中2息子:
「だってさーーー。
ママは今まで、充分ダラダラ生きてきたでしょ?
その分の借りを返すために今働いてるんでしょ?
B’zに行けたら、借りが返せないじゃん?
我慢しな。」

ですと


キビシーーーッ


うちさ~~。
夫が優しいものですから。
こんないキビシイことを私に言ってくるのは、この、中2息子くらいなもので。
コイツ、厳しいよね。

でもさ。
甘やかされて育った私は、厳しさに慣れてないのね。
そんな私を鍛えるために、神様が、私のもとに遣わしてくれた、毒舌天使。
それが中2息子かもね。
ありがとう(涙)
でも、きびしすぎ。



ところで!!!

今ね。
県外に行った大学1年息子から連絡ありましたーーーー\(^o^)/

5日に帰ってくるって~~~\(^o^)/
いやん嬉しい
実は昨日、
「帰ってきて~~~ん」
という意味の、もう少しサッパリめなメールを送ったんです。
あ。
あと、食べ物と、お金と、洋服と、洗剤も、送りましたン♡



家を出た息子の帰省は、いいもんですなあ~~~♡
初めての帰省♪


では。
今日も、遅め出勤。
今からチョっクラ、また失敗を重ねるためだけに、出勤します(涙)
ヒ―――――――ン





にほんブログ村


先生からのプレゼント。

先日。
今年度の授業も終わりに近いある日。
中学生の息子が、こんな可愛いものを持ち帰ってきました。




2017032812310000.jpg



ポケモンの、ペンケース!
カワイイ!!



聞けば・・・。
英語の先生(ALT)が、最後の授業の時に。
クラス全員に、プレゼントを準備してくれたそう。

しかも。
みんな同じではなく。
全部違うものが色々あって。
マメテストの、一年間の合計点だったか、まあそういうのが高い生徒順に、選べる!
的な。
ビンゴの景品のような感じで?

そのような形で。
勉強と遊びとご褒美と、そしてたぶんお別れの記念も兼ねて、準備してくれたのですね


じ~~~~~~ん
ええ子やわ~~~
オバちゃんはウルウルしちゃう。


若いかわいい、白人の女の子なんよーーー♡


1人自分の部屋で。
生徒の人数数えて、いろんな景品を準備してるその子(先生だけど)の姿を想像したらもう。
涙腺キュンキュン。

まあまあ順位の良かった息子は、まだたくさん残ってるプレゼントの中から、これを選んだらしいのです。



んでもさ。
我が家の三男は、実は、文房具オタクで。
ペンケースもたくさん持ってるん。
しかも、全て、黒!!
黒い、スポーツメーカー(pumaとか)的なペンケースを色々取り揃えておる。
こんなかわいらしい筆箱を持つなんて、考えられらない感じなの。


『先生の愛は素晴らしいけれども、でも、うちの息子はこれ、使わないだろうな?
カワイイから、ママ欲しいなーーー♡』
と思って、

「ちょうだい♡?」

とかわいくおねだりしてみましたン。


しかしながら。
「あ、ムリ、ダメ。」
との冷たい却下が来ました。


母は
「えーー?ホントに使うのーーー?
ママの方が似合いそう---

とスネてみました。
が、頑なに拒否。

息子:
「だってそれ、先生の手作りだもん。
だから、あげられない。」
ですって!


えええええ~~~~~ッ!!!!!??

本当でしょうか?
手作りですとぉ~~~~!?


母:
「えーーーッ!!??
ホントーーーーーーッ!?」

と聞きましたら。
息子の説明


「あ。
手作りって言っても、完璧な手作りではないと思う。
ミシンで縫っただけ。
ポケモンの模様は、刺繍したわけではないと思うよ。」

ですってわーーーー

し・・・、ししゅう~~~ッ!!??


だ、誰がこの細かいポケモンの模様に、
『手作り刺繍』
を求めるというのッ

これが刺繍だったら、もはや、芸術でしょうよーーーー。



いったい。
三男は、どのような世界観の持ち主なのか・・・?
わからん。



その後。
三男がいない時にそーーっとビニール袋から出してみてみたけれど。
確かに、内側とかの感じ、手作りっぽい!!

すっげーーー

先生スゴイ!
カワイイ愛しい、偉いな~~。
本当に感激してしまいました。
そんなにも、愛された生徒達の1人である三男は、本当に幸せな中学生だと思いました。



そしてまた。
先生への感動とはまた別の部分で。
ひとつ心配なことが生まれたわーーー。

将来、この三男は。
「手作り」
という概念に対して、
『布地の模様まで、刺繍であること』
を求めるオトコになるのか?


いやーーーーん。
アホでしょ。
そういうオトコイヤだーーーーーッ!
自分は何もできないクセに、ボタンも付けられないクセに、他人には高レベルを求めるオトコなの、もしやーーーー?

ぜって―付き合いたくないタイプ




にほんブログ村

プロフィール

こぶりんぼ

Author:こぶりんぼ
4人の男児の母です。
長男次男は大学進学のため、家を離れました。
残るは中学生一人、小学生一人。
B'zを溺愛する母の、日々の徒然です。
よろしくね。

最新記事

カテゴリ

リンク

リンク


にほんブログ村

フリーエリア

リンク

フリーエリア

フリーエリア