遠くの息子・ランチと恋バナとB'zバナ

息子②
と、ランチに行きました。


遙か遠く県外で。
寮生活をしている次男に、会いに行ったのです。

最初はね?
食料などをいっぱい買って、宅急便で送ろうと思ったとですよ。
でもね?
そのときふと考えたら、
「明日私暇じゃん?」
ということに気づきまして。


急遽
予定変更。
「明日一緒にお昼食べない?」
と、連絡しました。



そして先日。
私は朝自宅を出ると、一人、B'zをガンガンにかけながら高速道路に乗って、次男の住む町に向かったのでした。
高速を降りた後。
ことごとく、ナビの言うことに反抗して、山道田舎道を選びながら、次男の街に着きましたん。


この子は
中学高校時代なかなか大変でした。
色々ありました~~~。
が。
今じゃ本当に最高の旅のお供じゃよ。
助手席に乗せて、話題が尽きない

あああ。
やはり子供というものは、なんだかんだバランス取ってくる。
赤ちゃんの頃大変な子は、少年時代優等生だったり。
手のかからない赤ちゃんだった子は、反抗期がきつかったり。

稲葉さんも、大学時代は随分お母様を泣かせたらしいじゃないの~~。
今じゃ至宝息子♡

我が家の次男は、

赤ちゃんの頃→夜泣きが大変でしたん。激烈夜泣き

幼児の頃→優等幼児。なんの問題もなし

小学生の頃→優等少年。5年生までは。

思春期の頃→やばい大変。小6~高2までなかなか厳しい日々でした。

思春期過ぎたら→気さくでゴキゲンなニコニコ青年←いまここ。



という遍歴をたどっていますん。



そしてね!

にゃんとまあ。
彼女ができたらしい。
めちゃめちゃ嬉しそう楽しそうでした。


一緒にお昼を食べながら。
彼女の話をしてくれました。

・楽天的
・いつもニコニコ
・趣味が合う
・過去につらい経験がある(災害)
・でもその話はあまりしない


というような子のようでした。


写真で見ると、、もう本当に、世間のオカンなら誰もが気に入るような子でしたよ♡

割とぽちゃっとしてて
にこにこしてて
どこか田舎っぽい←ここ大事
明るくて
でも、なんだか、ぼさっとしてる←ここ大事
彼女の友人にB'zファンがいる←会いたい



次男が幸せそうで、私もすごく嬉しかった!!


幸せな息子とランチ


DSC_1075 (1)


実は。
どうやら次男は、高校時代に、手痛い失恋してる模様。
私は知らんかったけど。
以前、夫がどこからか情報仕入れてきたんよ。

その相手の子はたまたま私の知ってる子でして。


美しくて。
気が強くて。
優秀で。
いつも真剣に何かに悩んでるような、繊細すぎる子。
傷ついたり傷つけたりの、激しい感じの子。


一時期、次男がアトピーが悪化した時期があるんだけど。
失恋時期だったみたい


そして。
大学で次男が選んだのは。
全く正反対の子のようでした。


次男曰く
「すごく楽天的」
「大丈夫大丈夫と、常にのんびりいてる」
「真面目・・・・・ではない」
「寝坊したりしょっちゅう」
「何があってもニコニコしてる子」


そんな話を聞いて。
その、彼女という方に、心から感謝がわき上がってきたのでした。
ARIGATO~~~
うちのぽやん子ちゃんを選んでくれて♡



その後。
次男と私はなかなかにアツいB'z談義を交わして、別れたのでした。

次男曰く
「今まで見た、他のアーティストのを含め、この世のすべてのミュージックビデオの中で『C'mon』が一番かっこいい!
あんなにかっこいいMVは、この世には、ない!!」
と。


次男ね。
羽生結弦にも負けないほどの、イヤホン収集オタク。
音楽大好き人間で。
一番好きなのは、ボカロらしい。


その次男をして
『世界一かっこいい』
と言わしめた、C'monのビデオ.。
後半に出てくる白いラインがとてつもなくオシャレらしい。


へ?ライン??
・・・・・私は稲様のお顔とおマタばかり見てたわ~~。
ああ。ラインね~~~
ああ。それな。

やっぱ美術専攻は違うわ。





C'mon
は、特別な曲。
稲葉さんの、この当時の、つらそうな雰囲気。
思い出す。




なんかね。
次男、私の子に生まれてくれて、ありがとう的な一日だった。
幸せにしてあげてほしい、巡り会った明るいその子を。





にほんブログ村
スポンサーサイト

B'z ライブ・・・にギリギリchopさ

ネタバレなし




前回までのあらすじ

いろいろあってギリギリな4人組・K’z(こぶ一家)
ひたすらライブ会場に向かう。
車内、臭め。




さて。


よかったの~~
よかったのよ~~~~~!!
とっても道路が空いていたんです。

予定よりもビュンビュン走れて。
あらまあ。
もしや、コンビニにも寄れちゃう??
みたいな余裕。

一家はコンビニに寄り、おのおの食料を調達して会場に向かったのでした。


ちなみに。
私はライブの必需品・タオルを忘れてきたんでした。
子供たちには、それぞれのを準備してきたというのに~~!!

自分のも、前回のPleasure/EndlessSummerの時のタオルを準備してたんすよ~~~
なのに、出がけに、テーブル上に、おいてきちゃった。


更年期真っ盛り。
いつでも顔から大汗吹き出して生きてる私が、ライブにタオルがないのは致命的!
かといって、グッズ販売に並ぶ時間もない!
もう、B'zのタオルじゃなくてもかまわない!
コンビニで買うか???

・・・・・・と思ったときに、ひらめいた。



末っ子のスポーツバッグん中に、あるんじゃね?
今日の練習で使用済みの、湿ったタオルが・・・・・・

ええい。
この際使用済みでもかまわない。
流れる汗をクサいタオルで拭うなんて、エンサマっぽい世界観でよろしいではないか!


と思った私は。
スポーツバッグの中を漁り、彼が今日の練習で使用したタオルを拝借したのでした。

・・・・・・く・・・・・・。
くさい



会場に到着したのは、開始の10分前でした!!
ナイス!!

Good job my car!!


座席はどこかいな??

と思ったら。
めっちゃ前~~~~!!
めっちゃ前~~~~~~~~!!!
SS席に激近い、めっちゃ最高の座席だったんです!!!
万歳\(^o^)/


さて。
ギリギリではありましたが、私の唯一のBro.そめたサマーに3秒ほどお会いしました。
そめたサマーは、お嬢サマーとともにSS席にいらっしゃいましたん。
いつもかわいいそめたサマーは、良席に大興奮してるのが非常によくわかりました♡


そして。
自席に戻り、噴き出す汗をクサいタオルで拭っているとすぐに、世界最高のステージ
HINOTORI
が開幕したんでしたーーーーー\(^o^)/



まず、オープニングがあの曲だなんてーーー!!!
ぎゃあぎゃあ~~~!!
そして、稲葉さんの衣装がこんな衣装だなんて~~~!!!
ぎゃおーーーーーす!!
そして、ここでこのレア曲あれをやるなんて~~~!!
死ぬ死ぬ死んでしまいます私。
そして、ここでこういう感じで、笑わせに来るなんて~~!!
ブラボー。
そう。
ブラボーーーーー\(^o^)/
うわああ。
HINOTORIは、こうきたかーーーーー!!
うぐぐぐぐ。
幸福すぎて苦しい。
楽しすぎて、爆発しそう。
素敵すぎて、記憶も吹っ飛ぶ。


あなたありがとうあなた。
ああ、稲の葉のようなしなやかなあなた。
泣ける。
どうしても泣いてしまう。
ああありがとう。
涙をタオルで拭うこと数回。

毎回、クサい。



隣を見れば。
末っ子は、拳振り上げぴょんぴょん跳ねまくり。
ノリノリなのよ~~~

そして。
私が、
「稲葉サーーーーーん♡!!」
と叫ぶと、一緒に
「稲葉さんッ!!」
と叫んでくれる、変声期の三男。
めちゃめちゃ応援してくれてました♡




そして。
アンコールでは、夫も、なんと!!
泣いたらしい。
感動しすぎて、泣いたらしい。←見てない、残念!!
あああ。
夫の涙なんて、ここんとこ、見たことないのに。
ここで泣くんかーーーーー!!
オトコじゃないか。
夫よ。
涙はこの日のためにある。


やがて。
興奮しまくりの時間が過ぎ。
終わった後、末っ子が、
「こんなに楽しいと思わなかった!!
すごい楽しい!!」
と言っていました。


私も、4人で行けた今年のライブは。
一生の最高の日になりました!!
クサかったけど!!


稲葉さんはね~~。


おはなし

髪型
動き
すべて、最高潮絶好調ワンダフルでしたん!!


もう本当に、すべてすべて、バッチリでした!!!!
ステージの工夫も随所に満ちあふれ。
最高最高な時間です!!
今から行く人、最高ですから準備運動がんばって~~~!!!






あ。
末っ子の、翌日の試合・・・・・?

B'zでエネルギーを使い果たしたのか。
それとも、前日の練習不足が響いたか・・・・・?

うふふ。
うはは。

冗談じゃないほどの、大差で敗北したのさ!!!
うひゃひャ
それもまたよし。
生きてれば、負ける日もある。





にほんブログ村

B'z 30周年ライブPleasure HINOTORI・・・にたどり着くまで。

ネタバレ、まったくなし

そこまでたどり着かない。



行ってきた~~!行ってきた~~~!!
B'zのライブに!
ヒャッホ――――う\(^o^)/



30周年か~~~。
う~~~~~ん(涙)しみじみ。


B'z
のいてくれたこの30年は、日本にとって、いや、世界にとって、いや、宇宙にとって、記念すべき30年となりました。

バンドを組みたいと考え、稲葉さんを発見し一緒に組み、2人でやっていくと決意し、稲葉さんに詞を書かせ、稲葉さんを厳しく優しく導き続けてくれた松本さんに、心から感謝と尊敬を捧げたいと思います。


さて。
今回のライブは、私は
「S席4枚」
というチケットゲットに狙いを定めました。


SSをとりたかったのも本心ですが、SSだと2枚しか申し込めない。
私はなぜでしょうか、今回、4枚ほしかったの。
夫と三男末っ子私の、4人で行きたかった。

んで!
無事にゲット!!!!


受験生となり、もはや部活の心配のない三男ですけども。
塾という強敵がいましてん。
もちろん、塾と重なったとしても休ませる意気込みでしたけども。
運良くその日は、塾なしDAY!!
よし!OK!


次に夫は。
その日は仕事でした。
その日が仕事であることはずいぶん前からわかってましたけども。
「ね?
休めとはいわない。
早退して?
ね?
ギリギリでいいからさ。
ね?」
という、非常に強いプレッシャーを夫に浴びせ。


実は前回のライブ「DINOSAUR」に一緒に行って非常に感動したうちの夫は。
今回、あっさりと、お仕事早退の覚悟を固めてくれたのでした。
物事はすべて
覚悟
これ一つですな。
覚悟一つで、人生は大きく変わる。
今回私は夫の中に見たのです。
「妻に従う覚悟」
というものを・・・・・・


そして。
末っ子・・・・・。
これが一番問題でした。

実は末っ子、スポーツチームの大きな大会の真っ最中でして。

地区予選一次リーグ

地区予選二次リーグ

地区予選決勝トーナメント

県大会予選リーグ

県大会決勝トーナメント

と、2ヶ月かけてたどり着いた県大会決勝トーナメント。
B'zライブは、その、前日でしたん!!



もちろんのこと。
前日は、非常に大切なセットプレー練習。
対戦相手が決まったのが直前なので、相手チーム対策をコーチが考えて、そのセット練習。
だから、非常に大事な練習日。
んでもって。
末っ子はキャプテンでもある。


ので。
逆算してぎりぎりの時間まで練習させることとしまして。
ぎりぎり時間に迎えに行きました。

そんだら。
コーチが、あっさり、
「もう1ゲームしてからね」
と・・・・。
そして。
コーチに挨拶に行った中3三男は、ついでに、
「タイム計って~~!」
とコーチに頼まれ・・・・・


OHHH!
ただでさえぎりぎりの日程だった我が家4人組。
私は涙目になりながら、末っ子の練習終了をただ呆然と待っていたのでした~~!!


そんなこんなで。
めっちゃギリギリの4人組。
空腹&汗だく&くさいままの末っ子を、くさいままにわがままに僕はキミだけを傷つけない母であるところの私は、車に乗せ。
バッビューーーン!!
と、満杯の軽自動車を発進させたのでした。


あ。
ちなみに。
我が家はこのように、私が出掛けたいおでかけは、私が運転するスタイル。
今回は、B'zライブという母の趣味にみんなを連れて行くのだからして、当然、私が男3人をもてなすスタイル。


こうして。
助手席に、仕事を早退させたられた夫を乗せ、後ろには汗だくの息子二人乗せ、ビュンビュンビュンビュン、私の車は暑苦しい街を走ったのでしたーーーーー!!

イナバサーン!!
待っててね~~~♡
と、心で叫びながら。


にほんブログ村


一人ドライブ。

先日。
福島県の葛尾村という村に行きました。

私はこの村のことは知らなかったのだけれど。
息子の中の一人が、少々ご縁がありまして。
※ただし、縁談ではない。
※女性がらみでもない。
※残念だが。

そして、「どんなところかな~~」と思った私は。
ある日、一人、葛尾村に行ってみたのでした。


葛尾村というのは、福島の中でも割と東部に位置していて。
当然ながら、原発事故の大きな被害を受けた村です。
そして、「村」であるからして。
本当に、村でした。



私の住んでいる町から葛尾村はとても遠く。
一人で軽自動車を運転していったのだけれど。
行きはたしか、二本松で高速道路を降りた。
高速降りてからがまあ、長い長い遠い遠い。
気絶しそうな距離感でした。

でもそれは。
本当にいい時間。
たった一人で濃い濃い緑の中を孤独に運転する時間は、私は本当に大好きです。


もちろん。
高速道路の運転は今でも苦手だけれど。
以前よりは焦らなくなりましたよ。
「スピードを出さねば💦」
という強迫観念から逃れられるようになりまして。
まあ、ゆっくりめなおばさん運転である自分を許すようになったと言いますか・・・。


気が遠くなりそうなほどの距離感でしたが。
度々休憩を入れながら、初めての道を進んでいきました。


でね。
その休憩の時にね。
ちょっとややこしくなってた人間関係を整えるべく、緊張感のあるメールを作成し、送信しました。
現在私の本当に近くにいる、大好きな女性に、です。
大好きなんだけど、それぞれの立場もあり、食い違いもあり、その時は、もつれていたのです。

これはねえ。
良かったかもしれない。

見知らぬ土地の見知らぬパーキングで、自分の人間関係を遠くから眺める気分。
これはいい。
なんかさ。
すべてが愛しいような気持ちになるん。

「こんなに日本も地球も広くて。
世の中は知らない人知らない土地だらけ。
ちょっとこうして遠出をすれば。
ほら、だーーれも知ってる人いない。
こんな世の中で、私が出会う人なんて本当に僅かだな。
ほんの少しの人々と出会って色々あって。
なんかもう、ありがとね。
私と知り合ってくれて。」

みたいな気持ちかねえ~~~。
じんわり来ます。
なんだかとてもやさしい気分になれた気がした。


彼女からのメールの返信も、優しいの、来たよ。
良かった!!!




ところで。
この葛尾村というところでは。
「ツール・ド・かつらお」
という、自転車レースが開催されてるらしい。
スゴイよなぁ。
そういうのに参加する人。
体を鍛えて、そういうのに参加して、そして仲間を増やしてゆくような生き方。
そして、福島の復興への尽力を意識してる生き方。
本当に尊敬してしまう!!
いつか見に行ってみたいなぁ~~。



息子がいなかったらきっと、一生行くこともなかったかもしれない場所。
かつては、きっと、美しい自然が人々を癒やしていたおだやかな場所。

そして、運命に翻弄されて、原発事故によって大きく方向性を変えざるを得なかった村。
そんな中で頑張ってる人々。
そこを応援する人々。

そんなことを感じて。
帰りもまた、気絶するほどの遠い道を、一人ひたすら運転したのでした。




なんだか。
忘れられない日になりました♡


DSC_1009 (1)




にほんブログ村

B'z PRAY

たった一週間前に。
私の岡山愛を語ったばかりだというのに。
この一週間の間に、大変なことになってしまいました。
倉敷はまさに大ちゃんの故郷です。
本当に大変な被害で言葉もない。


そして津山は大丈夫でしょうか。

何年も前になりますが。
私が津山を訪れた際の、一番の印象は、「水が多い」というものでした。
それは、津山に限ったことではなく。
岡山から津山へ向かう鉄道の窓から風景を見ていた私が、最も受けた印象でした。

そして。
稲葉化粧品店に行き、稲葉さんの出身中学に行き、近所の神社に上り。
そんなふうに街を散策した私の目には、驚くほどの「水路」が記憶に残っています。

もしかして。
瀬戸内地方に住む方々にとっては、見慣れた風景なのか??

東北の地方都市から来た私には、本当に驚くべき風景でした。
水路水路、川、川、水路、。
それが私の岡山の印象でした。
私の身の回りにはあんなに水はないのです。
水路など、全くないのですし、川というのは特別な場所であり、どこにでもあるものじゃない。


その後、とある本を読み、
「津山」の「津」の字からわかるように、あの辺りは、かつて、ほぼ湖だったのだと知りました。
稲ソロの「水路」という曲を聴いたときにも、私の脳裏に浮かんだのは津山の稲葉さんの実家周辺でした。
実際、津山の街も昭和の頃、大きな水害を経験しているはずです。


今回は?
今回は大丈夫でしょうか??

ネットで調べると、やはり被害はあるようでした。
心配です。



岡山だけではないよね。
広島福岡愛媛、、、、、、。


あの町には、いとこ。
この街には、夫の親しい友。
こちらの街には、ブログで知り合った私の顔も知らない大切な友人。

そして、地震で傷ついたばかりの高槻にも、私の従兄一家が住んでる。


知り合いや親族が住んでなくたって。
どこの街にもかわいい子供がいて。
どこの街にも一生懸命な若者がいる。
優しい母がいて、汗流す父がいる。
どこだって、日本中どこだって、誰にとっても大切な場所だ。




復帰を宣言したばかりの高橋大輔も。
30周年を精力的に祝い始めてるB'zも。
誰もが心で苦しんで、誰もが心配してると思う。
被害に遭った人々を、街を。

そして、自分にできることは何なのかを、みんな探して、そして決断してゆくよね。




こんな日には、PRAY が、聞きたい。

これ以上の被害がないように。
そして傷ついた人々がいつか癒やされますように。
祈りながら。


私も、この曲に何度も救ってもらった。






  



にほんブログ村

頑張れ大ちゃん♡

こんにちは~~!!

多くの日本人同様、サッカーを見て、
「諦めないって、カッコいい!!」
「批判を覆すって、スゴイ」
ということを学んだ今日この頃です。


ところで!
非常にGood News!!

高橋大輔復帰
ですと???

ひゃん♡
嬉しい!!!!!

私は大ちゃんの大ファンでして。
羽生くんも好きだが大ちゃんも好きだ。
高橋大輔の最も素晴らしいところは何でしょうか??
ステップ?
色気?
いやいや、どれもこれも素敵だが。

彼のサイコー―の素晴らしさは。

「岡山出身」!!!
なんですよねーーーー。


稲葉様と同県人。
OHHHHH!!!
岡山ブラボー―!!!!
桃太郎の末裔でしょうか。

ああ、稲葉さんが桃太郎ならば、私はキジになりたい。
いやむしろ、鬼ヶ島で彼を待つ鬼になりたい♡
そして。
イジワルしちゃうぞ。
でも最後はアタシが負ける。
だって、あんた、最高だもの。

・・・・あああ。
そんな、切ない、鬼になる。

どーでもいい。


それにしても。
どうしてこうも、岡山県は素敵なのか?


たぶんですが。
私の勘では、岡山県の学校給食には、
「色気フェロモン」と、「努力家エキス」が、トッピングされてるに違いないのです。

そして、それらの効果の、あまり出ない子と、激しく出てしまう子が、いるのだと思います。
激しく出てしまう子 → 稲葉君&高橋君。


あああ。
そんな岡山県の小学校教員になりたい。
※ただし44年くらい前。
※高橋君担任は諦めよう。
※稲葉君担任は、諦め切れない。


ちょっとコラコラ稲葉君!
フェロモンこぼしてますよ、拭いときなさいね!
あら、まだこぼれてるわよ、先生と拭きましょう。
さあいらっしゃい。(とさりげなく手をつなぐ)(手をつないだら行ってみたい、まん丸い月の潜む丘に!!)(てゆうか、茂みの奥に!!!)

あらまあ稲葉君ったら、今日もフェロモンビュンビュンほとばしってますよ、ちょっと保健室で休んできなさいね?
あ、先生は稲葉君に付き添いますから、みんなは自習してなさい。
あ、先生はしばらく戻りませんから、静かに教科書黙読してなさいね。
さあ行きましょう!稲葉君!!!


ひゃあああ。
夢ざんす。



・・・・・と。
ついつい妄想を羽ばたかせちゃう私のもとへ。
届きましたーーー\(^o^)/
Ticket!!
B'z30周年のお祝いでございます。
ひゃっほーーう!!


実は。
実生活ではちょっと地味に
「うまくいかない日々」
なんすね。
色々うまくいかない。
もやもやもや~~~~~~。


もちろん。
うまくいかないのは、人間関係。
うううううむ。
もやる。

それはきっと、私が今全力で取り組んでることがあって。
でも周囲の人間はそのことに、別に気楽に取り組んでいて。
その温度差で、イライラしてんだべなぁ~~~。

まあ。
私も別の場面では、適当に済ませてることいっぱいあるから、随分人をイラつかせてもいるんだろうな。


など思いもしますが。
かといって、解決もせずに。
自分の中のイライラと闘っております~~~。


しかも!
この間私がソファでクウクウ寝ていたところ。
夫の笑い声で目が覚めました。
夫は笑いながら、
「腹出てるよ?」
と言って、タオルケットをかけてくれました。

彼の「笑い」は、まさに、「嘲笑」であったと思われます(悲)


先日は
中3三男に、
「ママ独り言言ってる。
この間は一人で笑ってた。
ヤバイ~~
引くわ~~~」
と言われました。シュン(悲)


そんな。
パッとしない私のもとへ。
パッと花が咲いたような
Good News(大輔復帰)

Good Tickt(Pleasure)


そして。サッカー見ても元気もらえたしね。
うん。


ここ数日のお気に入りは、
「雨だれぶるーず」







今まであんまり心に突き刺さらなかったこの曲が、グサグサくる今日この頃。

こりゃいいね。
この曲良いね。

稲様の魅力満載な歌やねえ。
MONSTERの頃の稲葉さんは、良いよなあ。
パワーと色気の権化ですけん、惚れちまう!!!
小学生の稲葉君もよいがな♡


ってゆうかーーー!
今日は高橋大輔応援記事のはずでした!
タイトルもその方向性。
いやん、話がそれてしまいました。
ついつい、稲妄方面に大暴走。


頑張れーー大ちゃん!!
円熟期の高橋大輔には。

「雨だれぶるーず」
の曲に合わせて、いろっぽい、ねちっこい、それでいてシャープなステップをご披露いただきたい。

「SPLASH!!」
に合わせて激しいステップもいいでしょう。



岡山の巨星!高橋大輔!!!
を、遠い東北の地より応援申し上げる次第です。
心に稲葉を忍ばせながら。




にほんブログ村

サッカー見っかーーそうすっかーー

ヤッホー―\(^o^)/

皆様いかがお過ごしですか?
ん??
サッカーに夢中・・・?
ですか?

「こぶりんぼはきっと、サッカーには興味なかろうぞ?
アイツの好きなスポーツは、フィギュアスケートだけですけん」
ですって??


いやん。No、No!!
そんなことはないのです。
実は数日前、私は、夫に正直に告白したのですぞ。

「私、生まれて初めて、サッカーのワールドカップが、面白い!!
初めてだわ―――この感覚。
いやああ(照)
サッカー、面白いっすね!?」
と・・・・・。


実は。
あれは遠い遠い昭和の頃のことじゃわい。
中3だった私は、クラスの一人の男児に恋をしておった。
彼は、何を隠そう。
サッカー部部長。

とは言っても、爽やかなイケメンではなく。
かといって、熱血体育会系でもない。
なんかもう、ホントに、アホなアホな、ホントにアホな、かわゆい男子だったわーーーー、ナツカシ!!

男児というものがどれ程アホなものかを知ってしまった今の私から思うと。
彼は、正真正銘のアホだった。
私は無類のアホ好き。エヘヘ。


その人は・・。
昼休みになると必ず、サッカーボールを抱えて、
「サッカーすっかーー?そーすっかーーー!!」
というダジャレを連呼しながら、クラスの男子を誘ってサッカーしてたっけ・・・・・。
毎日毎日。
暑い日も寒い日も、同じダジャレを・・・・・。
アホでしょう?

そんな彼を、柱の陰からじっとり見つめるストーカー女子中学生・K子。
その頃から、「特技は、じっとり見つめ続けることです」みたいな恐ろしい子だったところのワタクシです。


ああ。
あれから僕たちは何回の夏を過ごしてきたんだろう・・・・・・。

うーーん。
・・・・・・36回・・・・?
多ッ!!




とにかくですね。
そんなわけで、私とサッカーとの関りは非常に深く。
36年前から、サッカーには注目しておりました。ってが。


まあでも今年。
ハリルホジッチの解任や、新監督の就任やなんやかんや。
最近のサッカー騒ぎに、私は別に無関心ではなかったのです。
大迫がハンパないとか、原口が元気だとか。
最新の情報も、仕入れてるのです。
でもねーーーーー。
オラが好きなのは、やっぱ、香川なんだねーーーー。
香川好き
前からいた選手だけど、ファンになったのは意外と最近なんだーーー。
うふふ~~~。

んだから、次の試合も楽しみにしてるん♬



ところで!

話しは全く変わりますが。
今日はまた全くきッつい一日でした。

ほぼ寝たきり、時々、車椅子な母に付き添って、病院に行ってきたんです。
月に一度のオツトメですけん。


母の主治医の先生は、とっても優しくてイケメンで素敵な方なんです。
その先生に会えるから、老母とのキッツイ一日も耐えられる!!
というほどの素敵なセンセイ・・・・・。


なのに
いやーーーーん(泣)
なんか今日、緊急の手術かなんか知らんが、なんかそなカンジでさ。
いなかったのーーーー(泣)
なんか知らん、別の先生だったのーーーー

えーーーーーッ!?
いやーーん。
あんた誰~~~ッ!?
なんか、今日の先生は、話も聞いてくれないし、セカセカしとるし、なんか冷たいん(泣)


素敵なセンセイに合うのだけを支えに通院した、老いたワタクシと、老いすぎて何が何だかクショクショのうちの母。
2人の老いた女性は、がっくりうなだれて、帰路につきましたん。

ちッ!
つまんねえの!

どこがガックリやねん。
と、関西弁にもなってしまうガックリぶり。

大丈夫。
今日の先生に「あんたダレ?」とか、伝えたりはしていません、ご安心を。←あたりまえだな。




そんな毎日でしたん。
皆さんも今日は、サッカー見っかーー?そうすっかーーー?
ですかん?
そんなわけで、家事などしてる暇はないですねん。
お仕事辞めてもね?
忙しいよね???


じゃ、またねーー!!!




にほんブログ村

とりあえず、今年の選択。

今日も少し、独り言系。


私は今仕事をしていない。
ここ10年程は、ボチボチな感じで働いてたんだけど。
で、昨年度はガッツリ働いたんだけど。
いろんな思いがあって、今は辞めてる。

辞めてどうか???


いやあもう。
サイコー!!
サイコーな毎日です。

貧乏OK。
世の中に世の中にコミットしてない感も、私には心地いい。

ただね。
貧乏OKとは言うものの、息子たちを希望の進路に行かせてあげたい。
そのためには多大なる資金がいる・・・・・
ので、夫も一生懸命に稼いでるが、私も来年あたりには、出稼ぎせにゃあならん。

束の間。
束の間の無職生活♡いとおしい。

来年働きたくなったと言って、そんなに簡単に仕事見つかるかなあ~~~
という不安もありますけっども。
まあ、必死に探すかの。
なんとかなるだろう。



昨日ね。
中3息子と、こんな会話がありました。


息子
「ママさ、10億円とかもらったら、来年も働かない?」


「働かないよ。」

息子
「お金だけのために働くってこと?
生きがいとか、そういうの、関係ないんだ?」



ちょ・・・・・、待てよ。
と、一瞬キムタクも乗り移るほどの、
「ギクッ
が、私の心中に渦巻いたことは、認めざるを得ない。




で。
私は息子相手に、正直に心中を説明してみました。

「正直さ、若い頃はすごく生きがい感じてたよ。
すっごく楽しかったし、ママの仕事はやりがいもあった。

でもさ。

末っ子ちゃん、まだ、小学生じゃん?
小学生が家で待ってると思うと、どんな生きがいも、吹っ飛ぶんだよね~~。
早く帰らなきゃ、としか、考えられない。

本当いうとさ、三男(あなた)も、まだ中学生でしょ?
小学生とは違った意味で、やっぱり、留守番ばっかりにさせたくないんだよね。
受験とかいろいろあるじゃない。

子どもがみんな高校生以上ならね。
ママは心配なく働けそうな気がするよ。

ただね、お金もないと困るでしょ?
うちはお父さんがお給料もらってくれるから、ママは今年は休むことにしたけど、足りなくなりそうだから、また、働くよ。

でも、『自己実現!』みたいな気持ちは、もう、持てないな~~~。」


というような内容で。
中3息子相手に、主婦同士みたいな本音トークをしちゃいましたーーー


これね。
本音です。
誰もが同じ気持ちではないと思う。
仕事や子育てに向ける思い・事情は人それぞれだ。
でも、私はこれが本音。


もっと本音を言えば。
こんな気持ちです。

私は当然ながら、
「世界が私を待ってる!!」
みたいな気持ちにはなれないんだけど。

「世界が私の息子を待ってる!」
みたいな気持ちはあるんです、正直。

別に私の息子はヒーローじゃないけど。
世の中に尽力してゆく、真面目な市民になるでしょう。
どこかで誰かが、彼らの力を必要とするような、芯の強いオトコになって欲しい。
それぞれに長所も短所もある普通の男子だけど。
彼らの長所や特技は、きっと、どこかで必要とされるはず。
という確信と希望。

だから、そこまで何とか、私が彼らを元気にスクスク育てていきたい。



・・・・・というのが、なんだか今の、私の正直な思いです。


そのためには。
一緒に過ごす時間が必要。
でもその一方で、資金も必要。
で、今年は、とりあえず、「時間」を選んでみた。
我が家の最後の子どもの、最後の小学校生活なので。



そんな一年。
どうなることやら・・・・・・・。
って言いながら、早くも、3カ月経ってしまったか・・・・・。


はやい




にほんブログ村

プロフィール

こぶりんぼ

Author:こぶりんぼ
4人の男児の母です。
長男次男は大学進学のため、家を離れました。
残るは中学生一人、小学生一人。
B'zを溺愛する母の、日々の徒然です。
よろしくね。

最新記事

カテゴリ

リンク

リンク


にほんブログ村

フリーエリア

リンク

フリーエリア

フリーエリア